trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

人生初の牛肉

初めての狸小路の翌12月18日の日曜日、今度は夕食に家族して初めて牛肉を焼いて食べました。
それまで街へ行ったときに洋食屋さんやデパートの食堂で、また北見時代に食べたボンカレー等でカレーを食べたときに牛肉を食べたことはありましたが、それ以外はジンギスカンや鉄板焼き、トンテキ、唐揚げと、豚・羊・鶏ばかりで、高い牛肉は思いもよりませんでした。
しかし、札幌に住んで、見るもの聞くものすべてが新鮮で子供ながら生意気にも目が肥えてきて、テレビか本か何かで牛肉の焼肉を見たためと思いますが
「牛肉が食べたい」
と何度か口にしまして、両親がその思いを酌んだのか、その日スーパーで焼肉用の牛肉を買ってきてくれて、夕方に玉ねぎと共に、当時流行り始めた電気式ホットプレートで焼いて食べました。
いつもなら日曜の夕食時はテレビで「笑点」等を見ながら食べるところを、珍しくテレビも付けずに牛肉と玉ねぎにみんなして夢中になりました。何せ今まで安い豚・羊・鶏の肉ばかりだったのが奮発して高い牛肉で、さすがにうまさは他の肉とは段違いで、それこそ
「今のうちに味わわないと、次はいつ食べられるかわからない」
という思いでした。
最後にわずかに残った肉と玉ねぎを取って、ホットプレートが空になったところで、父が
「終わり!」
と言って締めましたが、その表情が渋さと笑顔が混じっていて、決して楽ではない家計からいかにやり繰りして高い牛肉を買ったかが肌で感じられました。

狸小路での食事に続き人生初めての牛焼肉と、この後札幌でどれだけ目が肥えて心がぜいたくになってゆくか、知れたものではありませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/20(木) 20:21:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<初めての列車の旅 | ホーム | 初めての狸小路>>

コメント

こちらも牛肉は

 リオ様、自身も牛肉には釧路時代は殆ど縁が無く、レトルトのボンカレーくらいでした。1990年頃、アメリカとの貿易摩擦の関係で、輸入牛肉の関税が大幅緩和されたことで、安く食べられるようになり、高校生の頃、お袋が初めて牛のステーキ肉を買ってきて実家で食べた時の味、30年近くなった現在も良く覚えております。その後、千葉の大学を出て、現在、都庁に勤める甥っ子が釧路で育った時代は、普通に、当たり前に牛肉を食べて育ちました。世代が違いすぎますね。吉野家も、当時は釧路に無く、札幌で初めて食べましたから。
  1. 2017/04/23(日) 20:57:39 |
  2. URL |
  3. 釧路訪問記、管理人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: こちらも牛肉は

釧路探訪記管理人様も釧路時代はかつての僕と同様牛肉とは縁薄だったのが90年ごろのアメリカとの貿易摩擦の影響による関税の大幅緩和で初めて大きなステーキを食べられたわけですね。そのころ僕もバブルと相まってバーベキュー等で牛肉を食べる機会が多かったです。もっとも、銘柄牛が多い関西を始めとする西日本では肉は豚よりもむしろ牛が昔も今も主流ですし、北海道でもホルスタインの雄や老廃牛由来の「十勝牛」という比較的安い牛肉を初めての牛焼肉の後知ることになります。吉野家も札幌時代に思い出がありましたが、後程に。
  1. 2017/04/23(日) 21:44:10 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/107-2a63d57a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)