trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

(番外編)初めての稚内⑤

初めての宗谷本線は、往路は名寄までは明るかったのが、名寄から先は真っ暗で見えず終点稚内まで寝てしまいましたが、復路は朝一だっただけに旭川まで明るい中でした。

稚内を出て次の南稚内までは、住宅や商店等の市街地が続きました。稚内駅前は観光案内所や市役所、バスやフェリーのターミナルが主でしたが、南稚内は市場やショッピングセンター等の商業施設が集中していて、稚内駅前よりもにぎやかでした。
また駅のホームも稚内は1面1線なのが南稚内は1面2線な上に車両基地があり、稚内に着いた列車は一旦南稚内に引き返して基地で清掃や点検等を行い、それから稚内に戻って客を乗せて出るようになっています。
南稚内を出ると、しばらくはサロベツ原野の緑の中を、緩やかにアップダウンしながら進みます。特に次の抜海までは、西に日本海と利尻島を望み、晴れた日には通称「利尻富士」と呼ばれる利尻岳がくっきりと見えます。今回は曇り空で島影すら見えませんでしたが、かつての蒸気機関車の時代には、サロベツ原野の緑や利尻富士をバックに走る、C55形蒸気機関車の引く客車普通列車の写真撮影でにぎわいました。
豊富までは駅前にほとんど住人のいない無人駅にことごとく止まり、豊富からは住宅や牧場がちらほらと見えます。
国鉄時代末期まで留萌まで通じていた羽幌線が分かれ、今はトナカイ牧場や雪印のバター工場でにぎわう幌延を出ると、車窓右手に、道内で2番目、国内でも4番目に長い一級河川・天塩川が迫りました。
札幌時代に道内一の石狩川や、首都圏に来て国内一の利根川や国内二の信濃川は見ましたが、天塩川は旭川より真北に行ったことがないだけに、見る機会がありませんでした。
士別市南東の天塩岳に源流を発し、士別市街から幌延まではほぼ宗谷本線に沿って流れ、そこから西に曲がって幌延町郊外と天塩町との境目で日本海に注ぐ天塩川は、石狩川や利根川等の河川に比べてコンクリート等で護岸されている箇所が少なく、自然のままの川岸が多く残されていて、石狩川や利根川と違って見ていて心が和みました。特に幌延から天塩中川までの区間は、線路下の崖っぷちのすぐ横を流れ、その美しさ力強さに、携帯電話のカメラのシャッターを押しました。
天塩中川に差し掛かると、川に加えて市街地や住宅地がちらほら見られ、7時41分に、かつてオホーツク沿岸の浜頓別を経て稚内に通じていた旧JR天北線が分かれていた音威子府に着きました。
山あいの小さな村で、かつては林業、今は木工や音威子府そばで有名で、特にそばは実を皮ごと挽いて打つので、皮の色で真っ黒な麺になり、つゆもそばの色に負けないくらいに味も色も濃いのが特徴です。
駅舎内に音威子府そばの立ち食い店があり、次の列車を待ってそばを堪能しようと思いましたが、店は10~16時まででまだ開店前だったので、大急ぎで音威子府駅正面の写真を撮り、飲み物を調達して列車に戻り、7時44分に音威子府を後にしました。
それまで列車は僕と、人相の悪そうな若い男の撮り鉄の2人だけでしたが、音威子府でその撮り鉄が降り、代わりに年配者や高校生が数人乗ってきました。高校生は音威子府と名寄のほぼ中間の美深で降りました。
美深は85年まで町内の仁宇布(にうぷ)という場所まで、「日本一の赤字ローカル線」の異名を取った旧国鉄美幸線が分かれていました。路線名の通り、美深とオホーツク沿岸の枝幸(えさし)町を結ぶ予定でしたが、仁宇布で止まったまま工事が進まず、そのまま廃止されました。
音威子府から美深を経ては天塩川、市街地や住宅地に加えて森林や農村風景が続き、住宅その他の建物が増えてきたところで、8時47分、再び名寄に戻りました。行きは夜7時の薄暗いときでしたが、帰りは朝の、日差しが少し強いときでした。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/14(月) 19:51:47|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

(番外編)初めての稚内②

15時55分に特急「ライラック」を降りて、待ち時間に旭川駅周辺を初めて一人で歩き、17時35分、快速列車「なよろ」で、宗谷本線でまず名寄まで北上しました。
旭川四条駅から新旭川駅にかけては、石北本線で故郷・北見に行くのに何度も通っていて見慣れた風景でした。新旭川駅と隣接する日本製紙北海道工場旭川事業所(旧・山陽国策パルプ旭川工場)を後にし、当駅から東に分かれる石北本線の線路に故郷・北見への思いを巡らせて、初めて真北の名寄・稚内方面の線路を通りました。
左手に北旭川という、道北地区最大の貨物駅が見えました。日本の貨物列車の定期運行の北限で、旭川周辺のみならず名寄や稚内、北見・網走方面との貨物も扱う上に、所在地も旭川市のそのものズバリ「流通団地」にあるだけに、近隣の倉庫や工場からの貨物を扱うべく、広いコンテナホームを擁しています。
貨物駅の線路挟んで向かいにはJR北海道の旭川運転所があり、電車と気動車の基地になっています。
旭川市北部の住宅街にある永山を過ぎると、石北本線の新旭川以東と同じような緑の田畑風景が続き、比布(ぴっぷ)に着きました。その地名と駅名から、80年に同音の磁気絆創膏のCMが同駅のホームで収録され、その絆創膏メーカーの会長さんと樹木希林さんとの掛け合いが全国的に大ヒットしました。
その比布を出、宗谷本線の頂上と言われる塩狩駅に着き、ここで上り普通列車との交換や特急「サロベツ」の通過待ちをしました。
塩狩駅はまさしく塩狩峠にある駅で、所在地は和寒町ですが、昔は塩狩峠を境に南が「石狩」、北が「天塩」という国名で、「天塩」の「塩」と「石狩」の「狩」を取って「塩狩峠」と名付けられました。
三浦綾子さんの小説に「塩狩峠」という作品があり、実在の鉄道員・長野政雄氏が、蒸気機関車から外れて峠を逆走する客車に自ら身を投げて下敷きになり、命と引き換えに客車を止めて乗客たちを救った実話を基にしたもので、塩狩駅前にかつて三浦氏が構えていた書斎が、「三浦綾子記念館」として今も健在です。
水系も塩狩峠から南は石狩川水系ですが、ここから北は天塩川水系となって、宗谷本線にほぼ沿うように天塩川その他系列の川が流れます。
塩狩駅を出ると、同駅が所在する和寒町の中心・和寒駅に着きました。和寒は稲作・畑作が中心で、特に畑作ではキャベツの生産が有名で、秋に収穫したキャベツを冬に雪の下で保存し、春先に出荷する「越冬キャベツ」が名物で、雪の冷たさでキャベツが甘くなり、道内の餃子チェーン店で材料に利用しているところもあります。
和寒を出て、剣淵、士別と、時刻表ではかねがね知りながらもどんなところか知る由もなかった駅に止まりました。剣淵は緑の田畑が広がる中にありますが、士別は比較的にぎやかで駅前に市街地を成していました。札幌時代にガイドブックで、めん羊の産地であるほか、かつての名ボクサー・輪島功一さんが育った地でもあることを知りました。また地図で駅北西に製糖工場があることを知りましたが、実際に車窓から見た製糖工場は美幌のそれに勝るとも劣らぬ大きさでした。
士別から先は、今は名寄市に編入された旧・風連町の中心・風連駅ほかに飛び飛びで止まり、19時00分、上川総合振興局内で最北の市・名寄駅に着きました。
名寄はかつて電電公社に勤めていた父方の伯父が本別の次に住んでいて、従兄2人も同じ電電公社に入り、伯父が岩見沢に移ってからも引き続き名寄に勤務していましたが、僕は在道時代からこれまで一度も行くことはなく、今回初めての上陸になりました。
  1. 2017/07/27(木) 21:26:40|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

(番外編)初めての稚内①

ブログ本編は77年の年末を迎えようとしていますが、今は首都圏住まいの筆者は、北海道内でも住んでいた当時から今まで、行ったことない場所がまだまだあります。
その一つ、北海道そして日本最北端の稚内に、先月ようやく行って参りました。
北見の伯母と下の従兄が80年に行ったことがありますが、僕の方は自身も両親も妹もまだ誰も行ったことがなく、いつか必ずと念願して成就の運びとなりました。

6月19日の月曜日の23時10分、筆者は東京駅八重洲口の高速バスターミナルにいました。
鉄道好きの僕としては、稚内へは東京から新函館北斗まで新幹線といきたいところですが、稚内ほか苫小牧や名寄にも寄りたく、東京から朝の新幹線では苫小牧や名寄に寄る時間が取れないので、盛岡まで夜行バスを利用して、盛岡始発の朝の新幹線で早めに北海道に上陸するスケジュールを組みました。
その日の仕事を終えて荷物をまとめて夜行バスの人となり、翌20日の朝6時35分に盛岡駅に着き、同54分発の新幹線で新函館北斗に向かいました。東京から盛岡まで夜行列車があるといいのにと思いましたが、現実に夜行列車がない以上、夜行バスをうまく使うことにしました。
以前は夜行急行「はまなす」で通った青函トンネルを、昨春開業して1年が過ぎた北海道新幹線で初めて通り、木古内からは車窓右手に函館山を望みながら、9時03分、かつて「渡島大野」という駅名で周囲は畑がほとんどだった新函館北斗に着き、そこから同12分、札幌行き特急「スーパー北斗」に乗りました。
新函館北斗から大沼までは下り勾配でスピードダウン気味でしたが、大沼からは風光明媚な大沼の風景、駅弁「いかめし」で有名な森駅に近付くと右手に駒ヶ岳が偉容をたたえ、その後は長万部・洞爺・伊達紋別・東室蘭・登別と、北海道時代そして首都圏に来て北海道に行くときに大体通ったおなじみの駅や風景が流れて、正午前に苫小牧に着きました。
それからどうするかと思いましたが、小樽行きの普通列車で次の沼ノ端まで行き、下車して1時間程、気まぐれに歩いて往復できるところまで行き、13時半過ぎに沼ノ端に戻り、すぐに来た岩見沢行き普通列車で岩見沢に向かいました。
岩見沢までは室蘭線をひた走りでしたが、追分・由仁・栗山を経て岩見沢までの線路は、北海道時代から乗ったことがないだけに、畑や牧場が広がる沿線風景に目を張りました。かつて夕張や幌内その他からの石炭を苫小牧や室蘭の港まで運んでいたそうですが、その面影はみじんも感じられませんでした。
岩見沢に着き、そこからは特急「カムイ」で旭川に向かいました。故郷北見に行って以来7年振りの札幌以北の線路で、しかも札幌を通らずに岩見沢以北へ行くのは初めてでした。
その後は美唄・砂川・滝川・深川と停車しましたが、7年前に通ったとき既に、石炭の集散地で、構内に引き込み線が多く石炭を積んだ貨車でにぎわっていた美唄と砂川は、その引き込み線跡が整地されて駐車場や建物が建っていて、やはり当時の面影はみじんも感じられませんでした。
旭川に着くと、話に聞いていましたが、7年前とは打って変わってすっかりホームが高架線になり、新しく駅ビルが建ってイオンが入っていて、首都圏でおなじみのチェーン店がイオン内に並んでいて、北海道らしさが薄れていました。
それでも、列車を待つ間に、西口の買物公園を初めて歩き、市内老舗の百貨店マルカツや閉店した旭川西武の建物を見、駅前広場の露店で焼き鳥と酎ハイで一杯やった後、今度は東口に行き、西口とは打って変わって石狩川水系の忠別川がすぐそばを流れ、遠くに大雪山を望む風景に目を丸くしました。そして、初めての、旭川から真北への旅へ心の準備をしました。
  1. 2017/07/12(水) 20:22:02|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

NHK「世界の鉄道」

札幌に住み始めた77年の12月1日から29日までの毎週木曜日夜7時半に、NHK総合で「世界の鉄道」という番組が放送されました。
1日から22日までは各30分ずつ、29日は総集編で2時間の放送でした。

1日「イギリス編」
世界最初の鉄道が1830年(貨物用では1825年)に開業したイギリスで、首都ロンドンとスコットランド州の州都エジンバラを結ぶ急行列車「フライング・スコッツマン」が紹介されました。
運転開始から115年間、ロンドン発午前10時を守っていて、戦争で戦闘機や弾丸が飛ぼうと10時発が守られたすごさを感じました。列車名の意味がわかりませんでしたが、後年ロンドンとスコットランドを結ぶがゆえに、和訳で「空飛ぶスコットランド人」となっているのがわかりました。英語で「スコットランドの~」の意を表す形容詞が「スコッチ」よりも「スコッツ」の方がよく使われていることを中学で英語を習ってから知りましたが、この列車名から納得しました。
この列車始め急行列車の華やかさの一方、かつて国内で栄えた炭鉱の閉山で石炭輸送が衰退したあおりで、ローカル線では列車本数や駅員の削減が進み、この場面で紹介された駅は駅員が一人だけで、出札改札清掃をすべて行っていて、日本のローカル線問題が投影されたかのようでした。

8日「インド編」
イギリスの植民地だったインドは、その人口の膨大さと国土の広さから鉄道網が発達し、「鉄道王国」と称されるほどです。
朝夕の通勤通学列車は開けっ放しのドアから人があぶれるくらいで、日本の戦後の復興期さながらでした。
そういう中で紹介された首都ニューデリー発の長距離列車は夜行列車で、菜食主義者(ベジタリアン)が多いインドらしく食堂車がベジタリアン用とノンベジタリアン用にスペースが分かれていたほか、利用者が少ないながらも客を飽きさせないように設けられた図書室があって、日本とは違うと感じました。

15日「ヨーロッパ編」
ドイツのライン河に沿って走る白い車体の特急「ラインゴルド」やフランスのパリ~ニース間を走っていた特急「ミストラル」が紹介されました。
「ラインゴルド」はデパートのおもちゃ売り場によく置いてあったHOゲージの鉄道模型や図鑑で知っていて、電気機関車が丸みを帯びているのが印象的でした。
「ミストラル」も図鑑で知っていましたが、電気機関車がライトグリーンで前面が滑らかな四角のと、シルバーで前面がごつごつした通称「ゲンコツ」との2通りがあり、番組では後者の「ゲンコツ」タイプけん引の方が紹介されました。
けん引される客車もシルバーで、食堂車やバーのほか、ビジネス客向けに秘書室が設けられている車両があったのには目を見張りました。
後年、その「ゲンコツ」タイプの電気機関車が韓国でも走っているのを知り、驚きました。
加えて「ミストラル」が、本来はフランス特有の激しく強い季節風を指す言葉と知り、列車のスピード感と季節風の強さが見事に重なり合いました。

22日「アメリカ編」
イギリスから独立し、開拓のために敷かれたアメリカの鉄道は、7社の民間の鉄道会社が広大な大陸中に路線を延ばし、競って食堂車や寝台車・理容室・展望車付きの豪華列車を走らせ、黄金時代を築きましたが、速い飛行機や安い長距離バスに押されて長距離列車が衰退に追いやられました。
そこで、鉄道会社は貨物専業にし、旅客輸送は民間と政府が折半で出資して設立した「アムトラック」という会社で運営することになりました。
首都ワシントンを中心に走る「メトロライナー」やカリフォルニア州内を走る近郊列車も紹介されましたが、紹介のメインはロサンゼルスからシカゴに向かう「サウスウエスト・リミテッド」という長距離列車でした。
同区間を2泊3日で走るところは広大なアメリカならではで、アメリカではおなじみの「ドッグノーズ」と呼ばれる、犬の頭の形をした大型ディーゼル機関車が3両で13両の客車を引くスケールの大きさに目を奪われました。客車は2等の座席車と1等の寝台車に分かれていて、座席はフルリクライニングシート、寝台はトイレとシャワーの付いた個室で、しかも座席車と展望車と食堂車は2階建てで、見てて飽きませんでした。
中間地点のアルバカーキでは給油・給水のために15分止まり、乗客たちが外に出て駅の自販機でコーラを買って飲んでいるところにもアメリカらしさを感じました。
シカゴに着く前に、長い長い貨物列車が通過するのを待ちましたが、アメリカの鉄道が貨物優先のダイヤで、乗客も承知していて、車掌も乗客を退屈させないようにトランプの相手をしたりしていました。
列車内での乗客へのインタビューでは、若いカップルが
「車社会のアメリカでは鉄道はもう長くはないだろう」
と否定的でしたが、その他の陽気なおじさんや老夫婦、休暇中の女性たちは鉄道を支持していて、車社会のアメリカでも鉄道を支持する人たちは多数ということでした。
北見時代にアメリカ型の鉄道模型を買ってもらえなかったこともあって、このアメリカ編は他の国よりもずっと前のめりで見ました。本列車もそうですが、長い貨物列車はバリエーション豊かな貨車が何両も連なっていてなおさら釘付けでした。
  1. 2017/05/29(月) 00:11:41|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

図書室で保育園時代の本に再会

釧路の小学校よりも蔵書が充実していたのもあって、授業の2限目と3限目の間や給食後の休み時間に図書室に入り浸りましたが、新たに見る鉄道の図鑑にエジソンや野口英世等の伝記、学研刊の「○○のひみつ」シリーズその他に食い入る一方で、北見の保育園時代に親しんだ絵本もあり、懐かしくて見入りました。
「おさるのジョージ」シリーズやかこさとし先生作の「だるまちゃん」シリーズや「こどものカレンダー」等のポピュラーなのもありましたが、そういう中で、鉄道好きの僕が保育園時代に先生に読んでもらったり、自分でも読んだ本がありました。

「おくびょうきかんしゃ」
暗闇等の危険な場所が苦手で「19474」の番号さながらに「いくじなし」のヨーロッパの蒸気機関車が、他の大型機関車の窮地を救い、これまでの悪評を大きく挽回する物語ですが、保育園時代の昼寝の時間前に先生に読んでもらった思い出があり、その後しばらく本書のことを忘れていました。
下級生が目の前で読んでいたので、読み終わってから読み、後日改めて借りようとしましたが、なぜか貸し出し禁止図書になっていて、何とも妙な気分になりました。

「やまのきかんしゃ」
こちらは日本が舞台で、C11や12タイプの小型タンク式蒸気機関車が、大きな駅でD51やC62タイプの大型テンダー式蒸気機関車にバカにされながらも毎日山道のローカル線で客車や貨車を引っ張って頑張っていたのが、ある日そのバカにしていた大型機関車が山道で立ち往生し、その小型機関車が応援で駆け付けてその列車を後押しして無事山を越え、大型機関車たちの賞賛を浴びる物語です。

いずれも当時は物語の内容など知る由もありませんでしたが、振り返ると、いずれも小型で何かしらバカにされていた機関車が、バカにしていた大型機関車の窮地を救って名誉を挽回するという内容で、そのサクセスストーリーさに引かれていたのだと思います。

図書室で再会した後者の「やまのきかんしゃ」を借り、教室に戻ると、何かミーティングをしていて、クラスの人たちが出席番号順に先生に呼ばれて一人一人何か話をしていて、ちょうど戻ってきた僕の番が最後で、何の話かと思ったら、釧路の小学校時代にもあった、居住区域ごとのミーティングの教室を割り当てていたところでした。
ミーティング中に僕がそんなことも知らずに図書室に行っていて、近くの席の人が心配していましたが、そういうことをよそに図書室から教室に戻り、事の次第を知りました。
ミーティングが終わり、それぞれの区域ごとに割り当てられた教室へ行って、冬休みを控えていたので休み中の注意や吹雪等緊急時の集団下校の心得等を担当の先生から説明を受けて、解散し、掃除当番以外の人たちはそのまま直帰しました。

釧路時代の通学区域の割り当ては
「○○分団」
と、あたかも消防団の区域みたいな呼び方でしたが、札幌では単に
「1班、2班…」
と、ごく一般的な番号順の呼び方でした。

ともあれ、釧路時代と同様の、学期半ばや長期休暇前の居住区域別ミーティングは、他のクラスや学年の人たちとも顔を合わせる数少ない機会で、ちょっとした息抜きにもなるひと時でした。
  1. 2017/05/15(月) 19:20:25|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ