trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

列車での初遠出①

さて、ようやく本題。

保育園の1学期の終業式後の73年7月暮れに女満別に行き、明けて8月の上旬ごろだったと思いますが、かねてから予定していた札幌の伯父の新築祝いに行く日がやってきました。
早朝に前日に予約したハイヤーで家族4人と祖父母の計6人で北見駅に向かい、待合室で列車を待ちました。
改札と待合室の真ん前の1番線にブルーのかっこいい列車が停車していて、グリーン車等が連結されていて、乗ってみたいと憧れました。その列車、僕たちがこれから乗る札幌行きの列車より先に網走方面に向かって発車しましたが、4年後にその列車に乗ることなど誰が想像したでしょうか。
改札が始まり、夏の多客期でごった返していた他の客と共に僕たちは改札から最も向こうの4番線まで歩き、ホームに着いたところで網走から来た札幌行き急行「大雪1号」に乗り込みました。時期が時期だけに自由席では乗れなかったでしょうから、恐らく指定席を取ったと思います。
列車は5分程停車の後、午前6時39分に出発しました。これまで行った網走や置戸・本別方面と違い初めての旭川・札幌方面への線路は見るものすべてが新鮮でまさに「別世界」でした。北見を出て2時間程である駅に止まり、驚いたことに向きを変えて発車しましたが、そこは遠軽という駅で、網走・北見方面と旭川・札幌方面を結ぶ列車はすべてこの駅で進行方向を変えることを知りました。
車窓には目も暮れず列車が遠軽から上川町への峠を越えることも知らず僕は家族とのおしゃべりに明け暮れました。列車が峠を越えてジャンプと層雲峡温泉への玄関口の町・上川に着くと、外は雨が降っていました。
駅構内には僕たちの列車と同じく旭川・札幌方面に向かうであろう貨物列車も停車していて、僕たちの列車を先に送って発車するのを待っていたようでした。
上川を出ると道路が線路に沿ってきて、列車と伴走するかのように軽トラがワイパーをかけながら走っていました。列車の窓は雨粒がビュッ、ビュッと打ち付けました。
北見から続く山間や農村の風景が徐々に住宅地の風景に変わり、ホテルやデパートの建物が見えて、列車は北海道の「へそ」とも言われる旭川に着きました。旭川は前年、母方の親戚たちと車で旭山動物園に行き、帰りに市内を走って以来でしたが、列車で通るのは初めてでした。
旭川駅に滑り込むと、車窓から屋根にパンタグラフの付いた「電車」が僕の目に飛び込んできて、思わず
「あ、電車だ!」
と声を上げました。それまで北見で蒸気機関車やディーゼル車両ばかり見て、電気車両は絵本や図鑑の写真でしか見たことがなく、北海道にはないし一生見ることはないだろうと思っていただけに、北海道でも電車が見られると知ったのはこの上ない喜びでした。
向かいの線路には貨物列車が止まっていて、ちょうどコンテナを積んだ貨車が見え、コンテナには
「国鉄コンテナ 戸口から戸口へ」
と宣伝文句が書かれていて、まだ少数派だったこのコンテナが日本の鉄道貨物輸送の主流になると言うかのようでした。
停車時間中には僕たちが食べたアイスクリームのカップ等のおびただしい数のゴミを、清掃のおばさんたちが必死でかき集めていました。

旭川を出ると、列車はスピードを上げたようでした。
それもそのはず、旭川から先の線路は北見から旭川までのと違いスピードが出せる上に、これまでの単線と違い複線で、盛んに反対方向の列車とすれ違いました。すれ違う際に反対の列車が
「パアァーン!」
と汽笛を鳴らしたのも印象的でした。
列車が滝川から先石狩平野の田畑の中を走ると、線路沿いには農協や礼服・学生服等の大きな看板が立てられていました。北見周辺の鉄道沿線の看板は精々木造住宅に取り付けられたホーロー看板ぐらいだけに、これもまた新鮮でした。
滝川か岩見沢辺りでは、僕たちの乗る急行の通過を待っていたであろう茶色やブルーの客車列車が向かいのホームの線路に止まっていて、人の乗る客車がズラッと続いてそれから茶色の荷物車とブルーの郵便車と来て赤い電気機関車が先頭にいました。旭川での「電車」に続いて今度は初めて「電気機関車」が見られ、またうれしくなりました。
岩見沢を出て終点まで後少しというところで、進行方向左手に大きな茶色の塔が見えましたが、これが「北海道百年記念塔」で、その名の通り、北海道の開拓百年を記念して建てられた塔で、建造当時から観光名所になっていたようでした。
田畑の風景から森林の風景、そして住宅地を経て大きなデパートやホテルが見えて、列車は正午過ぎ、目的地の札幌に着きました。伯父が迎えに来ていて、伯父の車とタクシーで家に向かいました。
新築したての家は広く、木の香りが強く漂っていました。外出する前に両親が着替えを済ませ、僕と妹は従兄たちと雨が上がったばかりの外でしばらく遊び、これから札幌で過ごす楽しいであろう4日間に備えました。
スポンサーサイト
  1. 2015/01/27(火) 22:54:07|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

列車での初遠出の前に

まず初めに、幼少時の鉄道の思い出から綴って参りますが、当時の写真がなく当面はイメージ写真やイメージ画もありませんので、どうか皆さんで当時の光景を想像しながらお読みいただけると幸いです。厚かましいお願いをお許しください。

昭和43年4月に北海道北見市で生まれた僕は、保育園に入った4歳にして既に鉄道好きでした。
そもそも当時の生家の隣に住んでいた祖父が元国鉄マンでそばには機関区もあり、蒸気機関車の勇姿を見ていただけに、鉄道好きになるのはごく自然な成り行きでした。
ただそのころは列車で行ったのは父方の大伯母大叔父の住む網走や同じく父方の伯母の住んでいた本別町ぐらいで、片道50キロとか精々100キロ程度の短距離でそれ程列車に乗った気分はありませんでした。
それでも両親に買ってもらったトミーのプラレールのおもちゃがあり、最初はレール無しで床の上でEF15形電気機関車とコンテナ積載車と石油を運ぶシェル石油のマークの付いたタンク型貨車の3両編成を走らせ、入園した年のクリスマスには新聞のデパートのチラシで線路付きのD51形蒸気機関車が2両の青い客車を引くプラレールのセットを両親が注文してくれて、クリスマスの夜にデパートの配送の店員さんがサンタクロースの格好でそのセットを届けてくれて、とてもうれしく、以後その蒸気機関車の客車列車と併せて先の電気機関車の貨物列車も、水を得た魚のごとくレールの上を走りました。そのプラレールを見て、僕も網走とか近く場所だけでなく更に遠いところへ行きたいと思いを膨らませました。
プラレールとは別にヨネザワ(現・セガトイズ)のブリキの汽車のおもちゃも入園した年の夏ごろに買ってくれて、こちらは蒸気機関車に箱型の貨車、タンク型の石油輸送車、丸太積みの屋根無し貨車そして車掌車の5両編成で、プラレールとはまた違った楽しさがありました。
保育園2年目になり、僕も5歳になると、園になじめなかった前年に比べて級友が増えて楽しくなり、その相乗効果で鉄道趣味も楽しくなりました。特に春の遠足と夏休み前の屈斜路湖の砂湯へのバスでの親子旅行は前年よりも楽しく感じられ、大はしゃぎでした。

そんなころ、保育園2年目の1学期の暮れ、札幌に住む父方の伯父が家を新築したというので、保育園の夏休みに合わせて家族と祖父母して札幌に行くことになりました。
行く前から札幌ってどんなところなんだろうと早くもワクワクし、保育園通いにもリキが入り張り合いが出て来た程でした。
夏休みに入り、まずその「前哨戦」というべく、母と妹との3人で網走に近い女満別の網走湖畔に泳ぎに行きました。女満別へ泳ぎに行くのは初めてでこちらもどんなところかと楽しみでした。
朝8時の列車に乗るべく北見駅に行き、ホームに出ると、構内ではディーゼル機関車が貨車の入れ換え作業をしていました。
機関車のすぐ後ろに車掌車そして箱型の貨車と、丸太や砂利や石炭等を積む屋根無しのあおり戸付き貨車が数両ずつ続き、最後に石油を運ぶタンク型の貨車が4両程つながっていました。網走行きのディーゼルカーが来て乗って発車する際には、先のタンク車が切り離されて線路上を転がっていました。
当時乗った列車は専らディーゼルカーでしたが、僕は蒸気機関車やディーゼル機関車で引く客車や貨物列車の方にすごく引かれました。

女満別駅近くの網走湖畔で初めて我を忘れて泳ぎ、午後3時ごろに駅に戻り北見行きのディーゼルカーを待ってホームに出ると、向かいのホームに網走方面に向かう、蒸気機関車の引く貨物列車が止まっていました。機関車の次に車掌車、ガス積みのタンク車、そして屋根なしの貨車がズラッと続いて最後に箱型の貨車が2両という陣容でした。
その貨物列車の姿を後にして女満別を離れ、何日か後に控える札幌行きを楽しみにするのでありました。
  1. 2015/01/22(木) 19:16:07|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初めまして!

ブログ自体は以前から開設していましたが、本年に入りようやくアップなりました。
このブログの管理人でありますtrainrioと申します。

鉄道が好きですが、通常の鉄道趣味とは違う路線で鉄道を追っ掛けていると自負しております。
そんな自称「風変わり」な鉄道の旅や趣味観を綴って参りますので、皆さんどうか御指導ごべんたつの程を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

テーマ:お知らせ - ジャンル:ブログ

  1. 2015/01/11(日) 11:52:41|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0