trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

人生初の牛肉

初めての狸小路の翌12月18日の日曜日、今度は夕食に家族して初めて牛肉を焼いて食べました。
それまで街へ行ったときに洋食屋さんやデパートの食堂で、また北見時代に食べたボンカレー等でカレーを食べたときに牛肉を食べたことはありましたが、それ以外はジンギスカンや鉄板焼き、トンテキ、唐揚げと、豚・羊・鶏ばかりで、高い牛肉は思いもよりませんでした。
しかし、札幌に住んで、見るもの聞くものすべてが新鮮で子供ながら生意気にも目が肥えてきて、テレビか本か何かで牛肉の焼肉を見たためと思いますが
「牛肉が食べたい」
と何度か口にしまして、両親がその思いを酌んだのか、その日スーパーで焼肉用の牛肉を買ってきてくれて、夕方に玉ねぎと共に、当時流行り始めた電気式ホットプレートで焼いて食べました。
いつもなら日曜の夕食時はテレビで「笑点」等を見ながら食べるところを、珍しくテレビも付けずに牛肉と玉ねぎにみんなして夢中になりました。何せ今まで安い豚・羊・鶏の肉ばかりだったのが奮発して高い牛肉で、さすがにうまさは他の肉とは段違いで、それこそ
「今のうちに味わわないと、次はいつ食べられるかわからない」
という思いでした。
最後にわずかに残った肉と玉ねぎを取って、ホットプレートが空になったところで、父が
「終わり!」
と言って締めましたが、その表情が渋さと笑顔が混じっていて、決して楽ではない家計からいかにやり繰りして高い牛肉を買ったかが肌で感じられました。

狸小路での食事に続き人生初めての牛焼肉と、この後札幌でどれだけ目が肥えて心がぜいたくになってゆくか、知れたものではありませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2017/04/20(木) 20:21:08|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

初めての狸小路

札幌に移り、近くの親類たちと再会し、学校にも慣れてきた12月17日の土曜日、家族して初めて札幌の有名な商店街・狸小路に行きました。
土曜日なので僕も妹も午前で授業が終わって帰宅し、父も半ドンで昼過ぎに帰宅して、支度して新琴似小学校前のバス停からバスで北24条駅まで行き、地下鉄南北線ですすきので降りて、度々テレビで見たすすきのの繁華街のネオン輝く交差点を渡り、テレビのお買い物案内で何度も耳にしていた狸小路商店街のアーケードをくぐりました。
通りの両側に昔ながらの食料品店・薬局・和菓子屋・刃物店・飲み屋・食堂がずらりと建ち並び
「さすが北の都!」
と感嘆するばかりでした。
アーケード下をひたすら歩き、ちょうど夕方5時ごろで夕食時でどこか食べるところはと探すと、古い木造2階建てで軒上に狸の絵の看板が大きく掛かっていた
「ぽんぽこ」
という料理店に入りました。
天ぷらやカニ、鍋物が中心の郷土料理店でしたが、メニューを見るととんかつもあり、両親と妹が天ぷら定食を頼む中で僕はとんかつ定食を頼みました。
料理が来るまで家族して学校のことや会社のこと、ご近所さんのことその他もろもろでおしゃべりにふけると、僕の注文したとんかつ定食が先に来て、待ちかねたようにむしゃぶりつきました。追って残りの天ぷら定食も来て、家族全員で食事にありつきました。
とんかつだけにキャベツの千切りも付いていましたが、以前は給食のキャベツを残していたくらいだったのがとんかつと共にすっかり平らげ、父に
「キャベツも食べるようになってえらいな」
と褒められました。
全員して食事が済み、店そして商店街のアーケードを抜けてタクシーで帰宅すると夜7時を回り、NHKニュース→ジャッカー電撃隊→8時だヨ!全員集合を見て眠りに就きましたが、初めての狸小路はアーケード下を歩くだけでもワクワクしたのに、夕方なのもあって料理店で食事もしたので、これから札幌で次から次へと楽しいことがありそうな予感を強く覚えました。
  1. 2017/04/15(土) 22:46:33|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2