trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

(番外編)初めての稚内①

ブログ本編は77年の年末を迎えようとしていますが、今は首都圏住まいの筆者は、北海道内でも住んでいた当時から今まで、行ったことない場所がまだまだあります。
その一つ、北海道そして日本最北端の稚内に、先月ようやく行って参りました。
北見の伯母と下の従兄が80年に行ったことがありますが、僕の方は自身も両親も妹もまだ誰も行ったことがなく、いつか必ずと念願して成就の運びとなりました。

6月19日の月曜日の23時10分、筆者は東京駅八重洲口の高速バスターミナルにいました。
鉄道好きの僕としては、稚内へは東京から新函館北斗まで新幹線といきたいところですが、稚内ほか苫小牧や名寄にも寄りたく、東京から朝の新幹線では苫小牧や名寄に寄る時間が取れないので、盛岡まで夜行バスを利用して、盛岡始発の朝の新幹線で早めに北海道に上陸するスケジュールを組みました。
その日の仕事を終えて荷物をまとめて夜行バスの人となり、翌20日の朝6時35分に盛岡駅に着き、同54分発の新幹線で新函館北斗に向かいました。東京から盛岡まで夜行列車があるといいのにと思いましたが、現実に夜行列車がない以上、夜行バスをうまく使うことにしました。
以前は夜行急行「はまなす」で通った青函トンネルを、昨春開業して1年が過ぎた北海道新幹線で初めて通り、木古内からは車窓右手に函館山を望みながら、9時03分、かつて「渡島大野」という駅名で周囲は畑がほとんどだった新函館北斗に着き、そこから同12分、札幌行き特急「スーパー北斗」に乗りました。
新函館北斗から大沼までは下り勾配でスピードダウン気味でしたが、大沼からは風光明媚な大沼の風景、駅弁「いかめし」で有名な森駅に近付くと右手に駒ヶ岳が偉容をたたえ、その後は長万部・洞爺・伊達紋別・東室蘭・登別と、北海道時代そして首都圏に来て北海道に行くときに大体通ったおなじみの駅や風景が流れて、正午前に苫小牧に着きました。
それからどうするかと思いましたが、小樽行きの普通列車で次の沼ノ端まで行き、下車して1時間程、気まぐれに歩いて往復できるところまで行き、13時半過ぎに沼ノ端に戻り、すぐに来た岩見沢行き普通列車で岩見沢に向かいました。
岩見沢までは室蘭線をひた走りでしたが、追分・由仁・栗山を経て岩見沢までの線路は、北海道時代から乗ったことがないだけに、畑や牧場が広がる沿線風景に目を張りました。かつて夕張や幌内その他からの石炭を苫小牧や室蘭の港まで運んでいたそうですが、その面影はみじんも感じられませんでした。
岩見沢に着き、そこからは特急「カムイ」で旭川に向かいました。故郷北見に行って以来7年振りの札幌以北の線路で、しかも札幌を通らずに岩見沢以北へ行くのは初めてでした。
その後は美唄・砂川・滝川・深川と停車しましたが、7年前に通ったとき既に、石炭の集散地で、構内に引き込み線が多く石炭を積んだ貨車でにぎわっていた美唄と砂川は、その引き込み線跡が整地されて駐車場や建物が建っていて、やはり当時の面影はみじんも感じられませんでした。
旭川に着くと、話に聞いていましたが、7年前とは打って変わってすっかりホームが高架線になり、新しく駅ビルが建ってイオンが入っていて、首都圏でおなじみのチェーン店がイオン内に並んでいて、北海道らしさが薄れていました。
それでも、列車を待つ間に、西口の買物公園を初めて歩き、市内老舗の百貨店マルカツや閉店した旭川西武の建物を見、駅前広場の露店で焼き鳥と酎ハイで一杯やった後、今度は東口に行き、西口とは打って変わって石狩川水系の忠別川がすぐそばを流れ、遠くに大雪山を望む風景に目を丸くしました。そして、初めての、旭川から真北への旅へ心の準備をしました。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/12(水) 20:22:02|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2