trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

本格的な札幌での学校生活の始まり

祖母が北見に帰り、引越しも落ち着いた12月5日の月曜日、本格的に札幌での学校生活が始まりました。
算数が2学期は「重さ」で終わりで、釧路での2学期の算数が「重さ」で始まっていて、同じ単元をダブって習ったのが意外でしたが、国語でも転校前に習い終えた「おいしいパンはいつできる」という物語を習っていて、前に習い終えただけに内容がすぐわかりました。
おじさんがおおかみに小麦の種まきから収穫・製粉・パン生地こね・発酵そして焼き上がりまでのプロセスを説明するもので、特に小麦の生育期に冬に枯れないように、わざと足で踏んで小麦を強くする「麦踏み」のところでおおかみが
「パンを足で踏むの?」
とおじさんに聞いた場面は、「言われてみれば」と思いクスリとなりました。
まだ種まきや生育、収穫の段階で、食いしん坊らしくおおかみが
「それでパンが食べられるの?」
と聞く度におじさんに
「まだ早い」
と制されていて、早くパンが食べたそうな表情になり、ようやく製粉から生地を作って発酵した段階で
「いよいよ焼き上げに入る」
と説明しておおかみを徐々に安心させ、パンが完成しておおかみもやっと食べられる次元に来てさぞ満足かと思いきや、おおかみが
「そんな苦労して作るパンなど食べたくないや」
と文句を言い、おじさんに
「食べ物が口に入るまでには、いろんな人たちの汗がこもっているんだ」
と優しく諭される内容で、釧路でパン工場を見学した程度の僕もパン作りの過程が詳しくわかり、認識を新たにしました。思えば自宅でも母が小麦粉とベーキングパウダーと卵で生地をこねてパンやマドレーヌを作っていましたが、原料の小麦の栽培までわかり、まさに今はやりの「食育」でした。

理科の時間には、教室で硼酸をビーカーの水に溶かしてあまり溶けず、アルコールランプでビーカーを熱するとよりたくさんの硼酸が溶け、火を止めて溶液が冷めるに連れて硼酸の結晶が現れる実験をしまして、釧路では一度も火を使う実験をしなかっただけに
「うるさい」
と注意されたくらいに興奮しましたが、水に溶けなかった物質が湯に溶け、その湯が冷めて物質が結晶となって水中に現れたのには目を見張りました。これまでの理科の実習は、植物の種を割って中を見たり、花や温度の観察や磁石、水を掛けて水車を回すといった、それほど危険を伴わないものだっただけに、火や薬品を使う実験がこれから増えると思うと、ワクワクしてきました。

算数同様釧路とは教科書が違う札幌で初めての図工の時間に、空き箱等身近なものを使って何かを作ることをしました。材料を忘れて仕方なく画用紙をもらって作った人もいましたが、僕は前日に言われた通りに自宅からチーズやバターの空き箱・ヨーグルトのカップ・割り箸・輪ゴム・糸巻きを持って来て、空き箱で車を、カップで車に引かせるトレーラーを作り、糸巻きを車輪にし、糸巻きの穴に輪ゴムを通して糸巻きを回して輪ゴムをよじり、離すと輪ゴムが元に戻る力で糸巻きの車輪が回って車が走るようにしました。
図工は得意ではないながらも、何か動く小さな乗り物が作りたくなり、汽車ポッポを彷彿させる、車に小さな荷車を引かせるものを想像して作りました。
出来上がったみんなの作品を教室後方の棚に並べ、うまく走らなかったものの先生が僕の作品を
「まあまあだな」
と評してくれて、後ろの席のKB君に
「良かったね」
と言われ、うれしくなりました。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/06(月) 20:09:24|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<岩見沢の伯母宅へ① | ホーム | 帯広の伯母との再会>>

コメント

ダブリ

 リオ様、転校をすると、既に習った教科をまた習うという、こともでてくるのですね。昔、札幌の学校は都会だから、1年進んでいて、小4で習うことを、札幌では、小3で既にやっているんだぞ、、、なんて言っていた大人がいました。 見事に騙されました。当時の国鉄苗穂工場の賑やかさは、現在とは比べようもないくらい、華やかだったのでしょうね。見に行かれましたか?
  1. 2017/03/06(月) 22:46:59 |
  2. URL |
  3. 函館不名誉市民 #-
  4. [ 編集 ]

Re: ダブリ

函館不名誉市民様、他の自治体に転校して、既に習ったことをまた習ったり、その分習い損なったであろうこともあって、面白いものです。公立の学校なら、国の基準に沿って授業を進めるでしょうから、地方よりも都会の方が進んでいるということはないでしょう。当時の国鉄苗穂工場は見に行ったことはありませんが、苗穂駅を通過するだけで、活気と熱気とにぎやかさが伝わってきました。それでなくても特に札幌駅での列車往来がにぎやかで飽きませんでしたし。
  1. 2017/03/06(月) 23:14:14 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/102-c91a11a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)