trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

図書室で保育園時代の本に再会

釧路の小学校よりも蔵書が充実していたのもあって、授業の2限目と3限目の間や給食後の休み時間に図書室に入り浸りましたが、新たに見る鉄道の図鑑にエジソンや野口英世等の伝記、学研刊の「○○のひみつ」シリーズその他に食い入る一方で、北見の保育園時代に親しんだ絵本もあり、懐かしくて見入りました。
「おさるのジョージ」シリーズやかこさとし先生作の「だるまちゃん」シリーズや「こどものカレンダー」等のポピュラーなのもありましたが、そういう中で、鉄道好きの僕が保育園時代に先生に読んでもらったり、自分でも読んだ本がありました。

「おくびょうきかんしゃ」
暗闇等の危険な場所が苦手で「19474」の番号さながらに「いくじなし」のヨーロッパの蒸気機関車が、他の大型機関車の窮地を救い、これまでの悪評を大きく挽回する物語ですが、保育園時代の昼寝の時間前に先生に読んでもらった思い出があり、その後しばらく本書のことを忘れていました。
下級生が目の前で読んでいたので、読み終わってから読み、後日改めて借りようとしましたが、なぜか貸し出し禁止図書になっていて、何とも妙な気分になりました。

「やまのきかんしゃ」
こちらは日本が舞台で、C11や12タイプの小型タンク式蒸気機関車が、大きな駅でD51やC62タイプの大型テンダー式蒸気機関車にバカにされながらも毎日山道のローカル線で客車や貨車を引っ張って頑張っていたのが、ある日そのバカにしていた大型機関車が山道で立ち往生し、その小型機関車が応援で駆け付けてその列車を後押しして無事山を越え、大型機関車たちの賞賛を浴びる物語です。

いずれも当時は物語の内容など知る由もありませんでしたが、振り返ると、いずれも小型で何かしらバカにされていた機関車が、バカにしていた大型機関車の窮地を救って名誉を挽回するという内容で、そのサクセスストーリーさに引かれていたのだと思います。

図書室で再会した後者の「やまのきかんしゃ」を借り、教室に戻ると、何かミーティングをしていて、クラスの人たちが出席番号順に先生に呼ばれて一人一人何か話をしていて、ちょうど戻ってきた僕の番が最後で、何の話かと思ったら、釧路の小学校時代にもあった、居住区域ごとのミーティングの教室を割り当てていたところでした。
ミーティング中に僕がそんなことも知らずに図書室に行っていて、近くの席の人が心配していましたが、そういうことをよそに図書室から教室に戻り、事の次第を知りました。
ミーティングが終わり、それぞれの区域ごとに割り当てられた教室へ行って、冬休みを控えていたので休み中の注意や吹雪等緊急時の集団下校の心得等を担当の先生から説明を受けて、解散し、掃除当番以外の人たちはそのまま直帰しました。

釧路時代の通学区域の割り当ては
「○○分団」
と、あたかも消防団の区域みたいな呼び方でしたが、札幌では単に
「1班、2班…」
と、ごく一般的な番号順の呼び方でした。

ともあれ、釧路時代と同様の、学期半ばや長期休暇前の居住区域別ミーティングは、他のクラスや学年の人たちとも顔を合わせる数少ない機会で、ちょっとした息抜きにもなるひと時でした。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/15(月) 19:20:25|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム | 初めての列車の旅>>

コメント

僕も図書室に入り浸りました。

 リオ様、自身も学校の図書室が好きでした。水泳教室の時、風を引いている生徒はよそのクラスの人達と共に留守番で、図書室で読書タイムでしたね。「いたずら機関車チューチュー」なんていう、小さなSLが仕事を投げ出して、家出して、古い廃線に紛れ込んで、助けられるなんていう、絵本を何度もみましたね。その後、釧路市立図書館に、「鉄道ジャーナル」が毎月号、見られることを知り、週末はいつもそこでした。
  1. 2017/05/18(木) 21:55:26 |
  2. URL |
  3. 釧路訪問記、管理人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 僕も図書室に入り浸りました。

釧路探訪記管理人様も学校の図書室がお好きでしたか。

そちらでは水泳教室で風邪を引いている生徒はよそのクラスの人達と共に留守番で、図書室で読書タイムだったんですね。こちらではクラス別に教室で自習でした。

「いたずらきかんしゃちゅーちゅー」なんて懐かしい。小さなSLが仕事を投げ出して、家出して、古い廃線に紛れ込んで、助けられるなんていうストーリーも思い出します。この本は北見の保育園でよく読み、釧路時代に買ってもらいました。

釧路市立図書館に「鉄道ジャーナル」が毎月号見られると知ったら、毎週通うのもうなずけます。僕も後年近くに図書館ができて、よく鉄道の本を見に行きました。
  1. 2017/05/19(金) 07:51:10 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/109-5ace4179
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)