trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

NHK「世界の鉄道」

札幌に住み始めた77年の12月1日から29日までの毎週木曜日夜7時半に、NHK総合で「世界の鉄道」という番組が放送されました。
1日から22日までは各30分ずつ、29日は総集編で2時間の放送でした。

1日「イギリス編」
世界最初の鉄道が1830年(貨物用では1825年)に開業したイギリスで、首都ロンドンとスコットランド州の州都エジンバラを結ぶ急行列車「フライング・スコッツマン」が紹介されました。
運転開始から115年間、ロンドン発午前10時を守っていて、戦争で戦闘機や弾丸が飛ぼうと10時発が守られたすごさを感じました。列車名の意味がわかりませんでしたが、後年ロンドンとスコットランドを結ぶがゆえに、和訳で「空飛ぶスコットランド人」となっているのがわかりました。英語で「スコットランドの~」の意を表す形容詞が「スコッチ」よりも「スコッツ」の方がよく使われていることを中学で英語を習ってから知りましたが、この列車名から納得しました。
この列車始め急行列車の華やかさの一方、かつて国内で栄えた炭鉱の閉山で石炭輸送が衰退したあおりで、ローカル線では列車本数や駅員の削減が進み、この場面で紹介された駅は駅員が一人だけで、出札改札清掃をすべて行っていて、日本のローカル線問題が投影されたかのようでした。

8日「インド編」
イギリスの植民地だったインドは、その人口の膨大さと国土の広さから鉄道網が発達し、「鉄道王国」と称されるほどです。
朝夕の通勤通学列車は開けっ放しのドアから人があぶれるくらいで、日本の戦後の復興期さながらでした。
そういう中で紹介された首都ニューデリー発の長距離列車は夜行列車で、菜食主義者(ベジタリアン)が多いインドらしく食堂車がベジタリアン用とノンベジタリアン用にスペースが分かれていたほか、利用者が少ないながらも客を飽きさせないように設けられた図書室があって、日本とは違うと感じました。

15日「ヨーロッパ編」
ドイツのライン河に沿って走る白い車体の特急「ラインゴルド」やフランスのパリ~ニース間を走っていた特急「ミストラル」が紹介されました。
「ラインゴルド」はデパートのおもちゃ売り場によく置いてあったHOゲージの鉄道模型や図鑑で知っていて、電気機関車が丸みを帯びているのが印象的でした。
「ミストラル」も図鑑で知っていましたが、電気機関車がライトグリーンで前面が滑らかな四角のと、シルバーで前面がごつごつした通称「ゲンコツ」との2通りがあり、番組では後者の「ゲンコツ」タイプけん引の方が紹介されました。
けん引される客車もシルバーで、食堂車やバーのほか、ビジネス客向けに秘書室が設けられている車両があったのには目を見張りました。
後年、その「ゲンコツ」タイプの電気機関車が韓国でも走っているのを知り、驚きました。
加えて「ミストラル」が、本来はフランス特有の激しく強い季節風を指す言葉と知り、列車のスピード感と季節風の強さが見事に重なり合いました。

22日「アメリカ編」
イギリスから独立し、開拓のために敷かれたアメリカの鉄道は、7社の民間の鉄道会社が広大な大陸中に路線を延ばし、競って食堂車や寝台車・理容室・展望車付きの豪華列車を走らせ、黄金時代を築きましたが、速い飛行機や安い長距離バスに押されて長距離列車が衰退に追いやられました。
そこで、鉄道会社は貨物専業にし、旅客輸送は民間と政府が折半で出資して設立した「アムトラック」という会社で運営することになりました。
首都ワシントンを中心に走る「メトロライナー」やカリフォルニア州内を走る近郊列車も紹介されましたが、紹介のメインはロサンゼルスからシカゴに向かう「サウスウエスト・リミテッド」という長距離列車でした。
同区間を2泊3日で走るところは広大なアメリカならではで、アメリカではおなじみの「ドッグノーズ」と呼ばれる、犬の頭の形をした大型ディーゼル機関車が3両で13両の客車を引くスケールの大きさに目を奪われました。客車は2等の座席車と1等の寝台車に分かれていて、座席はフルリクライニングシート、寝台はトイレとシャワーの付いた個室で、しかも座席車と展望車と食堂車は2階建てで、見てて飽きませんでした。
中間地点のアルバカーキでは給油・給水のために15分止まり、乗客たちが外に出て駅の自販機でコーラを買って飲んでいるところにもアメリカらしさを感じました。
シカゴに着く前に、長い長い貨物列車が通過するのを待ちましたが、アメリカの鉄道が貨物優先のダイヤで、乗客も承知していて、車掌も乗客を退屈させないようにトランプの相手をしたりしていました。
列車内での乗客へのインタビューでは、若いカップルが
「車社会のアメリカでは鉄道はもう長くはないだろう」
と否定的でしたが、その他の陽気なおじさんや老夫婦、休暇中の女性たちは鉄道を支持していて、車社会のアメリカでも鉄道を支持する人たちは多数ということでした。
北見時代にアメリカ型の鉄道模型を買ってもらえなかったこともあって、このアメリカ編は他の国よりもずっと前のめりで見ました。本列車もそうですが、長い貨物列車はバリエーション豊かな貨車が何両も連なっていてなおさら釘付けでした。
スポンサーサイト
  1. 2017/05/29(月) 00:11:41|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<札幌で初めてのクリスマスプレゼントと終業式 | ホーム | 図書室で保育園時代の本に再会>>

コメント

日本とは違い

 リオ様、海外の鉄道は日本とは違い、アメリカの超長大編成の貨物列車、70年以上前の客車が現役のヨーロッパの豪華列車、ドアの開けっ放し、屋根にも溢れる超満員の途上国等がありますが、当時はまだTGVも無く、ユーロスターも無い時代ながら、欧米の方が進んでいたかのような感がありました。しかし、地味ながら安全性は世界一の日本の職人技が支える日本の鉄道が世界一だと、最近思います。最高速度だけが基準ではなく、厳しい山岳地形、自然環境の中、安全に走らせる技術は日本の誇りと思います。列車内に図書館があるというのは、アニメの銀河鉄道999で見たことがありますが、日本の長距離列車には、ありそうでなかったですね。もう、インターネットの時代なので、不要かもしれませんが。
  1. 2017/05/29(月) 22:29:41 |
  2. URL |
  3. 釧路訪問記、管理人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 日本とは違い

釧路探訪記管理人様、アメリカの超長大編成の貨物列車といい、「オリエント急行」に代表される古い寝台車や食堂車を連結したヨーロッパの豪華列車といい、戦後復興期や高度成長期さながらの日本を思わせる古い客車列車がいまだ主流の途上国の鉄道といい、海外の鉄道は僕の場合機関車けん引が主流だけに日本のよりも憧れるものがあります。
しかし、信号技術や線路の定期的整備、冬期の除雪等と、豪華さや娯楽性よりも安全を優先している日本の鉄道技術は、考えてみれば世界に誇れますよね。日本の鉄道技術が台湾その他海外にも導入されていますし。一方JR北海道さながらに、アメリカの鉄道でもメンテナンスの放置で線路の枕木の歪みが多数発覚したニュースもありました。
列車内に図書館とは言わないまでも、子供向けのプレイルームの設置は、JR北海道の「旭山動物園」号やJR東日本の「リゾート踊り子」号、そして何よりJR四国の「アンパンマン列車」で実現しているので、今度は大人向けに図書室や娯楽室の設置を…と言いたいところですが、スマートフォンの普及やパソコン用の電源ジャックの設置、キオスクでの文庫本の販売があるのでもはや不要か。
  1. 2017/06/01(木) 08:52:12 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/110-5fafcd4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)