trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

札幌で初めてのクリスマスプレゼントと終業式

見るものすべてが新鮮な札幌の生活が一月になろうとし、年の瀬も押し迫った12月23日の金曜日、翌日のクリスマスイブを控えて、母にプレゼントを買ってもらいました。
学校から帰り、夕方その年開店したダイエー麻生店に行き、僕はその年発売が始まってCMでも盛んに宣伝していた「ポンジャン」を、妹はこれもその年発売で、電球で白いボードを照らしてファッションパターンを上に重ねた紙の上から鉛筆でなぞる「ファッションデザイナー」を、買ってもらいました。
帰宅して箱を開き、卓とパイと点数チップを取り出し、母と妹と3人して、手を参考に楽しみました。
本格的な麻雀はまだ知りませんでしたが、赤・青・黒の3色とクラシックカー・馬車・馬の3種類の組み合わせで合わせて9種類のパイがあり、その9種類が全部揃った手を最高に、様々な手があり、捨てパイを「チー」「ポン」で拾って上がりに近付く緊張感がこたえられませんでした。
以後、親戚や友人が家に来る度に、数え切れないほど「ポンジャン」の世話になりました。

翌24日の土曜日に2学期の終業式を迎え、釧路時代の
「よい・ふつう・がんばろう」
の3段階評価から
「5・4・3・2・1」
の5段階評価になった通知表を受け取り、「3」が大方で「4」と「2」がぽつりぽつりの成績に心を曇らせつつも、翌日から始まる冬休みにウキウキしながら帰宅しました。

12月23日が皇太子殿下(当時)の誕生日で、その日が丸12年後の同じ巳年に天皇誕生日になることなど、当時は知る由もありませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2017/06/10(土) 21:50:03|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
| ホーム | NHK「世界の鉄道」>>

コメント

ポンジャン、懐かしい

 リオ様、ポンジャン、懐かしいです。自身はアラレちゃんのドンジャラからスタートしましたが、後に基本となるポンジャンにも触れる機会を得てやってみましたが、面白く、4人で楽しめる所は、当時のテレビゲームには無い面白さでしたね。
ファッションデザイナーは流石に、分かりませんが。
麻生のダイエーの建物は現在もありますが、比較的新しい感じがするので、当時の物とは別のものでしょうかね?
  1. 2017/06/10(土) 23:35:07 |
  2. URL |
  3. 釧路訪問記、管理人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: ポンジャン、懐かしい

釧路訪問記管理人様はアラレちゃんのドンジャラからスタートされて、後にポンジャンにも触れたのですね。4人で楽しめる所は、当時のテレビゲームとはまた違い、双六や人生ゲーム等のボードゲームにも通じる、人と人が直接触れ合う温かさがありましたね。
ファッションデザイナーはそれほど名が知れなかったようで。
麻生のダイエーは釧路時代最後の夏休み前にダイエーのCM内でしきりに開店の宣伝をしていましたが、まさか近くに住むとは。建物は当時と同じでしょうが、イオンに看板を変えるときに塗装し直したでしょうから、比較的新しい感じがするのでしょう。
  1. 2017/06/11(日) 07:36:37 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/111-8c50ae98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)