trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

(番外編)初めての稚内②

15時55分に特急「ライラック」を降りて、待ち時間に旭川駅周辺を初めて一人で歩き、17時35分、快速列車「なよろ」で、宗谷本線でまず名寄まで北上しました。
旭川四条駅から新旭川駅にかけては、石北本線で故郷・北見に行くのに何度も通っていて見慣れた風景でした。新旭川駅と隣接する日本製紙北海道工場旭川事業所(旧・山陽国策パルプ旭川工場)を後にし、当駅から東に分かれる石北本線の線路に故郷・北見への思いを巡らせて、初めて真北の名寄・稚内方面の線路を通りました。
左手に北旭川という、道北地区最大の貨物駅が見えました。日本の貨物列車の定期運行の北限で、旭川周辺のみならず名寄や稚内、北見・網走方面との貨物も扱う上に、所在地も旭川市のそのものズバリ「流通団地」にあるだけに、近隣の倉庫や工場からの貨物を扱うべく、広いコンテナホームを擁しています。
貨物駅の線路挟んで向かいにはJR北海道の旭川運転所があり、電車と気動車の基地になっています。
旭川市北部の住宅街にある永山を過ぎると、石北本線の新旭川以東と同じような緑の田畑風景が続き、比布(ぴっぷ)に着きました。その地名と駅名から、80年に同音の磁気絆創膏のCMが同駅のホームで収録され、その絆創膏メーカーの会長さんと樹木希林さんとの掛け合いが全国的に大ヒットしました。
その比布を出、宗谷本線の頂上と言われる塩狩駅に着き、ここで上り普通列車との交換や特急「サロベツ」の通過待ちをしました。
塩狩駅はまさしく塩狩峠にある駅で、所在地は和寒町ですが、昔は塩狩峠を境に南が「石狩」、北が「天塩」という国名で、「天塩」の「塩」と「石狩」の「狩」を取って「塩狩峠」と名付けられました。
三浦綾子さんの小説に「塩狩峠」という作品があり、実在の鉄道員・長野政雄氏が、蒸気機関車から外れて峠を逆走する客車に自ら身を投げて下敷きになり、命と引き換えに客車を止めて乗客たちを救った実話を基にしたもので、塩狩駅前にかつて三浦氏が構えていた書斎が、「三浦綾子記念館」として今も健在です。
水系も塩狩峠から南は石狩川水系ですが、ここから北は天塩川水系となって、宗谷本線にほぼ沿うように天塩川その他系列の川が流れます。
塩狩駅を出ると、同駅が所在する和寒町の中心・和寒駅に着きました。和寒は稲作・畑作が中心で、特に畑作ではキャベツの生産が有名で、秋に収穫したキャベツを冬に雪の下で保存し、春先に出荷する「越冬キャベツ」が名物で、雪の冷たさでキャベツが甘くなり、道内の餃子チェーン店で材料に利用しているところもあります。
和寒を出て、剣淵、士別と、時刻表ではかねがね知りながらもどんなところか知る由もなかった駅に止まりました。剣淵は緑の田畑が広がる中にありますが、士別は比較的にぎやかで駅前に市街地を成していました。札幌時代にガイドブックで、めん羊の産地であるほか、かつての名ボクサー・輪島功一さんが育った地でもあることを知りました。また地図で駅北西に製糖工場があることを知りましたが、実際に車窓から見た製糖工場は美幌のそれに勝るとも劣らぬ大きさでした。
士別から先は、今は名寄市に編入された旧・風連町の中心・風連駅ほかに飛び飛びで止まり、19時00分、上川総合振興局内で最北の市・名寄駅に着きました。
名寄はかつて電電公社に勤めていた父方の伯父が本別の次に住んでいて、従兄2人も同じ電電公社に入り、伯父が岩見沢に移ってからも引き続き名寄に勤務していましたが、僕は在道時代からこれまで一度も行くことはなく、今回初めての上陸になりました。
スポンサーサイト
  1. 2017/07/27(木) 21:26:40|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<(番外編)初めての稚内③ | ホーム | (番外編)初めての稚内①>>

コメント

旅を楽しんでおられますね。

 リオ様、道北、宗谷の旅を楽しんでおられますね。 これまで東ばかり向かっていたところを、初めての北に進路を取った旅、見るもの全て新鮮に写るのではないでしょうか? 塩狩駅と三浦記念館、自身も立ち寄ったことがあります。ただ、宗谷方面の乗車は1996年以降無いもので、もう20年以上も乗っていないのですね、自身も。その時は12月のも吹雪の日でしたので、列車は遅れ、車窓も楽しめなくて、散々でした。まぁ、キハ40改造のキハ400系での旅が出来たのは、貴重な体験でした。
  1. 2017/07/31(月) 22:32:12 |
  2. URL |
  3. 只野禿 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 旅を楽しんでおられますね。

只野禿様、これまで旭川から先は東にばかり向かっていたのが初めて北に向かった旅は、まさに見るものすべてが新鮮でした。もっとも名寄までは北見方面とどことなく似通っていましたが。塩狩駅と三浦記念館は只野様は立ち寄ったのですね。ここは旭川以北の難所でありかつ小説の舞台だけに、宗谷本線名寄以南のハイライト的存在でしょう。しかしそのときは96年の大雪時で列車が遅れてさぞ大変だったことでしょう。それでもキハ40改造のキハ400の急行に乗られたわけで貴重でしたね。筆者はその4年前の92年に旭川から札幌までキハ400の急行「宗谷」に乗りました。そのときの旅の模様は後々に。
  1. 2017/08/01(火) 07:08:20 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/113-00d00896
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)