trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

(番外編)初めての稚内③

名寄に着く少し前ですが、車窓右手の、廃止されたJR名寄本線(名寄~興部~紋別~中湧別~遠軽)の線路跡に、かつて名寄本線や宗谷本線で冬の除雪作業に活躍した
「キマロキ」
という列車が展示されているのが見えました。線路跡の周辺は「北国博物館」として、公園や列車の資料が展示されています。
「キマロキ」というのは
キ=機関車(ここでは9600形蒸気機関車)
マ=マックレー車。羽を両脇に広げて雪をかき集め、線路上にまとめて置く鉄道の除雪車両。
ロ=ロータリー車。前面の回転式の羽を回転させて雪をかき集め、排雪口から遠くに飛ばす除雪車両。
キ=機関車(ここではD51形蒸気機関車)
の順番で編成された除雪列車のことで、冬の北海道では線路に雪が高く積もることが度々で、一般の列車が立ち往生しがちだったので、少しでも運行できるように、こういう除雪列車が運転されました。
「キマロキ」となっていますが、実際には最後の「キ」の後ろに、除雪作業員を乗せるために、普段は貨物列車に連結されて車掌が乗る「車掌車」が連結されています。

本題で、初めて名寄に着いたときは、外は薄暗くなっていました。改札に入ったときは「みどりの窓口」がちょうど19時で閉まったばかりで、僕たちが入ったのを最後に以後は駅員不在になりました。北海道に限らず全国の地方駅には、いわゆる合理化で、駅員配置が例えば7~19時というように、利用客が多い時間帯に限って駅員を配置するところが多くなりましたが、昔はどの駅員配置駅も、始発から終着まで駅員がいたものでした。

駅前の商店街は、多くが空き店舗で、店があっても19時で閉店ばかりで、後は全国チェーンのコンビニで買い物するしかなく、名寄らしい店を味わうに味わえませんでした。親戚や顔見知りも誰一人いず、寂しいところでしたが、それでも、列車の待ち時間に、かねがね知っていた名寄名物の「煮込みジンギスカン」を食べに、良さそうな居酒屋を探しました。
最初に見つけた飲み屋さんには煮込みジンギスカンはなく、路地に入った店を教えてもらい、ようやくその店で熱々の鉄板で焼かれた、煮込みジンギスカンにありつきました。
ジンギスカンは通常は専用のジンギスカン鍋や鉄板、網で焼きますが、この煮込みジンギスカンは、肉を、漬け込んだタレごと鍋で、玉ねぎや白菜等の野菜やうどんと一緒に煮込むもので、いわゆる「B級グルメ」として「知る人ぞ知る」地域の名物料理の一つとなっています。
噂にたがわず料理は肉を漬け込んだタレが野菜やうどんによく染みて、ご飯やお酒が進むのもうなずけました。チューハイと日本酒を同時に注文しましたが、その日名寄に宿を取っていれば、もっと料理を堪能したいほどでした。
居酒屋を出、駅前を歩き回ると、昔の木造建築があちこちに残っていて、故郷の北見さながらでした。

駅員不在になった名寄駅に戻ると、駅舎左側の待合室は僕を含めて3人だけで、だだっ広い中に明かりがこうこうと付いて、テレビが一人でしゃべっているかのように音声を発していました。ベンチには地元名寄の高校生が作ってくれた座布団が一席残らず置かれ、利用客への気遣いが伝わりました。
木造駅舎、駅舎入口真上の時計、駅舎内左側の待合室、右側のみどりの窓口……どこかに似ていると思ったら、故郷の北見駅の昔の駅舎によく似ていました。
駅舎外左側にコンテナホーム、駅裏に車両基地があるところも北見駅と同じで、昔の北見にタイムスリップしたような気分でした。

21時03分に下り最終の特急「サロベツ3号」に乗り、その後は途中駅の美深や音威子府等を見たいと思いつつ、夜行バスでの疲れもあって席を倒して熟睡し、本来23時47分のところが列車が途中遅れたようで、日付変わって0時過ぎに、念願の日本最北端の駅・稚内に初めて着きました。
稚内も名寄同様、夜間は駅員不在で、無人の改札を抜けて駅正面に出ました。話には聞いていましたが、稚内駅は2012年にリニューアルされ、道の駅とバスターミナル、そしてみなとオアシスを兼ねていて、空以外の稚内の交通の玄関が集約されていました。
スポンサーサイト
  1. 2017/08/04(金) 17:02:48|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<(番外編)初めての稚内④ | ホーム | (番外編)初めての稚内②>>

コメント

確かに

 リオ様、JRになってからは、合理化がさらに進み、特急が多く泊まる登別駅ですら、19時以降は無人となり、車掌の業務が増えて大変かと思います。名寄のB級グルメは初めて知りましたが、アルコールのいけるリオ様にはぴったりかもしれませんね。
もう、時間が遅いため、車窓を眺めることができないのが残念ですが、念願が叶いましたね。駅の座布団は地元の方が善意で作ってくれるようで、道内のローカル駅では多く見られます。かつて、キハ56系が走っていた路線が、特急列車となり、設備も良くなりましたが、直角向合わせの、コイルサスでも、昔のほうが 多くのふれあいがあり、街の活気もあり、よかったかも? 
なんて、考えてしまいます。最近開通する新幹線ルートも殆どがトンネルばかりで、単なる移動手段でしかなくなりつつある現状が、少し残念です。
  1. 2017/08/10(木) 23:59:33 |
  2. URL |
  3. 只野禿 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 確かに

只野禿様、あの登別駅まで19時以降は無人になったんですか。そうすると車掌も切符の販売が増えて大変でしょうね。集札は車掌が行うことがあれば、回収箱で済むこともありますし。
名寄のB級グルメは僕も数年前に知りましたが、名寄以外にもまだまだ隠れたグルメがありそうですね。
はい、念願叶って最北端の稚内に着きました。真っ暗な中でも稚内の駅名看板はしっかり見えました。駅の座布団は道内のローカル駅では多く見られるのですね。地元の人たちの善意で作られるようで心暖まります。かつてのキハ56系の急行が特急列車となり、リクライニングシートを始め設備も良くなりましたが、昔の直角向かい合わせのボックスシートのほうが 多くのふれあいがあり、街の活気もあって良かったように思いますね。
最近開通する新幹線ルートも殆どがトンネルばかりで、単なる移動手段でしかなくなりつつあるのが、僕も少し寂しい気がします。ところで「コイルサス」というのは、文脈からしてボックスシートのことでしょうか?
  1. 2017/08/11(金) 07:30:20 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

はい。

 リオ様、お返事、ありがとうございます。コイルサスとは、キハ56、27の台車のことです。同世代のキハ82系は空気バネですから、乗り心地に大きな差がありましたから。 個人的には、あの乗り心地も楽しかったのですが、、、
  1. 2017/08/11(金) 23:24:07 |
  2. URL |
  3. 只野禿 #-
  4. [ 編集 ]

承知いたしました

只野禿様、回答ありがとうございます。コイルサスとは、キハ56、27の台車のことなんですね。確かにあの車両の揺れは、それはそれとして味がありました。釧路時代に釧網線で北見に行ったときもですが、札幌時代に北見に行ったときにより一層その味わいを覚えました。
  1. 2017/08/12(土) 07:57:57 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/114-5de92d6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)