trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

釧路暮らしのスタート

いよいよ本題。

旅館での一晩を過ごして、翌11月4日、僕たちは新居に向かいました。旅館に泊まったのはこれが初めてでしたが、寝室はちゃんと独立していたものの、食事場所が旅館の主の家族達と一緒で、違和感があり、早く旅館を出たいと思いました。
市内愛国の新居に着くと、荷物が先に着いていて、両親が中心となってみんなで整理しました。整理が済むと祖母と近くに散歩に出ましたが、道路端の排水溝でカエルが泳いでいて、北見では見なかっただけに新鮮でした。
愛国という場所は駅からバスや車でないと行けないところで、北見時代と違い鉄道の線路は近くになく、鉄道はそうそう見には行けず専ら鉄道のおもちゃで遊ぶのがほとんどでした。もっとも後に近くにかつて鉄道が通っていてその線路跡があることを知りますが。
近くの幼稚園や保育園に転入して通うことも考えましたが、卒園まで後5ヶ月しかないので通わず、自宅でテレビ見たりして実に気楽に過ごしました。
ほとんど自宅で過ごしていて外のことは母とバスで街に行くとき以外は知る由もありませんでしたが、そういう中、転勤早々11月23・24日の土日に父の会社の慰安旅行があり、家族して社内の他の従業員とその家族たちとでバスで阿寒湖まで行きました。
大広間での夕食でアイスクリームを食べたりお菓子の詰め合わせをいただいたり、初めて阿寒湖を見てその前で社員家族全員で写真を撮ったりと、保育園の親子旅行とはまた違った楽しさがありました。
スポンサーサイト
  1. 2015/04/25(土) 22:12:02|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<釧路での鉄道の思い出① | ホーム | 釧路での生活の前に…>>

コメント

かつては多くの会社で

 リオ様、自身も親父のいた会社で毎年、正月に阿寒湖温泉に泊まりに
行きました。大きなホテル、大浴場、ゲームセンター等、楽しい空間でした。
 確かに愛国は鉄路から遠く、バスばかりみていたものでした。
  1. 2015/04/27(月) 22:32:13 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: かつては多くの会社で

hagejs様、お父様の会社で毎年、正月に阿寒湖温泉に泊まりに行かれたんですか。
確かに阿寒湖は大浴場やゲームセンター等の楽しい空間があるホテルが多いですよね。

  1. 2015/04/28(火) 06:46:06 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/13-3b58fbbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)