trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

釧路での鉄道の思い出⑦

落ち穂拾いで、秋のバス遠足に行く前の10月最初の日曜日、前夜に車で来た母方の伯母一家と一緒に根室に車で行きまして、日本の有人地で最東端の納沙布岬まで行きました。行きは途中厚床辺りから根室本線と並行し、2両編成の朱色とクリーム色のツートンカラーのディーゼルカーが同時に走って来ました。帰りに根室駅前の土産物店に寄ったとき、駅構内に貨車が一両ポツンとたたずんでいました。釧路に戻り親戚達を見送ると
「もっと長くいてほしい」
という思いが込み上げてきました。
翌11月1日(土)夜から3日(祝)に今度は家族して車で北見に行きましたが、帰りの車内で酔って戻してしまい、父に
「ここから歩いて帰れ!」
と平手打ちを食らわされ、その後父や世間一般と鉄道趣味を巡っての不和もあって完全な車嫌いになりました。

クリスマスの日に二学期が終わり、小学校初の冬休みが始まりました。年が明けて76年の元旦になると年賀状が来まして、担任の先生からも届いていました。オレンジ色の版画刷りで
「休みに遊びにおいでね」
と書かれていて、うれしくなりました。
三が日が過ぎたころ、北見から母方の上の従兄が一人で、かばんと大きなラジカセを抱えて泊まりに来ました。家族してトランプやすごろく、外で雪遊びをして楽しみました。
ところが当初は従兄が数泊して帰宅するだけのはずが北見から電話があり、祖母が雪で滑って骨折して入院したというので、従兄の帰宅に同行して僕も母と妹と一緒に北見に行きました。17時15分発の北見行き急行「しれとこ3号」で釧路を出、暗い中を走る車内で祖母を案じました。向かいの席で従兄がイヤホンでラジカセを聴きながら寝ていました。冬休みもあって車内は満席でした。
21時25分北見に着いて母の実家に行ってその日はすぐ寝、翌日と翌々日に祖母のいる病院へお見舞いに行きました。脚は石膏でギプスをはめられ、トイレのときが大変ということでした。
お見舞いの後は外で雪遊び等をして楽しみ、3泊後に旭川から来た昼11時発の「大雪1号」で明るいうちに釧路に帰りました。
スポンサーサイト
  1. 2015/05/29(金) 23:29:22|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<釧路での鉄道の思い出⑧ | ホーム | 釧路での鉄道の思い出⑥>>

コメント

かつての定番?

 リオ様、正直自身の世代より少し上の世代かもしれませんが、
列車旅に大きなラジカセは、昭和50年代の汽車旅にはよく見られたものですね。
自身の高校生時代にはもう、SONYのウォークマンが普及しておりました。
車酔いは辛いものですが、酔ったことの無い人には、決して分からないものですね。
自身は自分に酔っておりますが、、嘘です。
 芽室で見た列車は急行ノサップでしょうね。
  1. 2015/05/31(日) 21:32:17 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: かつての定番?

hagejs様、列車旅に大きなラジカセは、昭和50年代前半までの汽車旅にはよく見られました。
以後はSONYのウォークマン、そして今はiPodを経てスマホですよね。
車酔いを始め乗り物酔いは、わかる人はわかるけど、わからない人にはわかりませんよね。対策も人それぞれ。
根室で見た列車は急行ノサップか普通列車か定かではありませんが、当時の釧路~根室間の旅客列車は2両が大半でした。客車列車も普通車2両に荷物車と郵便車が1両ずつの4両編成で、ほぼ全列車が単行の今とは隔世の感があります。
  1. 2015/05/31(日) 22:06:50 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

おっと、

 リオ様、芽室になっていましたね。根室でした、、、(笑)
釧路〜根室間が客車列車だった時代もあったのでしょうが、
やはり郵便車、荷物車が連結していた時代が、ノスタルジーですね。
今はトラックにとって代わったということでしょうが、そもそもの人口減により、
それほど、荷物の取り扱いも減ったということでしょうね。勿論、トラックの方が
載せ替えが不要ということもありますが、ドライバー不足がニュースになっておりますゆえ、
また、復活したりして、、、、なんて考えております。
  1. 2015/06/01(月) 20:15:38 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: おっと、

hagejs様、間違いはともかく、芽室も根室もアイヌ語の
「メム・オロ・ペッ(わきつぼのある川)」
が語源です(Wikipediaより)。
釧路〜根室間の郵便車・荷物車付き客車列車と貨物列車は84年1月までありましたが、その客車列車、札幌~釧路間の夜行急行「狩勝→まりも」の編成から寝台車とグリーン車を切り離して運転されていました。このころまでの鉄道が客車列車と貨物列車が多くて楽しかったですね。
トラック輸送は小口貨物には便利ですが、JRも5トンコンテナ単位の輸送にとらわれず、ローカル線では例えば小型のキャスター付き金網ケースの類に小口貨物をまとめてワンマン列車に輸送を委託し、着駅で配送したりコンテナに積み替えて更に遠方へ輸送する等、トラックとうまく組み合わせるのもありと思います。

  1. 2015/06/01(月) 21:38:19 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/21-d32d444e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)