trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

番外編 38年振りの釧路⑤

雨でしたので、もう少し居たかったのを断念して13時34分発の「おおぞら」で釧路を後にし、15時を回ったところでこちらも実に40年振りに帯広の土を、今度は自分の足で踏みました。
当時地上駅で釧路駅や先代の札幌駅と同じく角型ビルの民衆駅だった帯広駅は、今では話で知った通りの高架駅で、かつて線路に阻まれたり踏切を通らねば往来できなかった駅の南北それぞれの通りは見事なまでにつながっていて、車の往来がスムーズになっていました。
帯広はかつて母方の親戚が住んでいまして、釧路時代の75年3月と7月の2度行きました。7月のときにはおびひろ動物園に行きまして、帰りに森林豊かな公園の中を通り、木にカブトムシがいたのに釘付けになりましたが、僕が釧路を離れる2ヶ月前に親戚が一足先に札幌に転勤したので、以後帯広は縁もゆかりもなくトンとご無沙汰でした。
40年振りに帯広駅の改札を抜けて駅前に出ると、空は曇りながら雨は降っていなくて、車窓からも目立つ「よつ葉」の看板のビルが目に入りました。よつ葉乳業は今は札幌が本社ですが、創業の地は帯広の隣の音更町で、今もその音更に主管工場があり、北海道では雪印牛乳と双璧を成すよつ葉牛乳をまさに観光客にアピールしているようです。
まずメインの商業施設が並ぶ北口に出て、商店街を歩き、今や帯広のみならず道東でも唯一の百貨店「藤丸百貨店」に、これも実に40年振りに入りました。藤丸さんは帯広の老舗百貨店ですが、今では百貨店が姿を消した釧路や北見へも買い物客のための無料送迎バスを走らせて、今や帯広周辺のみならず釧路や北見も商圏になっている程で、もっと昔みたいに地方に地元資本の強力な商圏を持つお店が再来しないものかと思いました。
地上階のそれぞれの売り場を見た後に地下の食料品売り場を見て回ると、何と今は僕の住む神奈川県藤沢市の自宅そばに本社があるお肉屋さん「ニュークイック」があるではありませんか!藤沢や茅ヶ崎ほか茨城県土浦市等首都圏に展開しているのは知っていましたが、まさか北海道にまで進出しているとは。
お店でお惣菜のメンチカツを買いながら店員さんにニュークイックの本社そばに住んでいることを話すと、店員さんも驚いていました。
南口も南口で今や全国的に少数となった長崎屋ほか市民図書館等の公共施設が集まり、こちらはむしろ文化地区を形成していました。おびひろ動物園が駅から真南の郊外にあるのを初めて知りましたが、南口の郊外は動物園ほか自衛隊基地や帯広空港、そしてかつては製糖工場だった場所に建つショッピングモールがあるわけで、北海道もとかく首都圏と同じような街並みにしたがり大手スーパー等を誘致しては衰退を招く市町村が多い中、帯広は大手スーパー等を誘致しつつも元々あるものを最大限生かして「古くて新しい」町を形成しているように思えました。
強いて言えば父の釧路時代の同僚がその後帯広に異動し定年後もそのまま住んでいて、かつ僕の札幌時代の同期が十勝総合振興局に勤めているものの、自分にとっては知り合いはいないようなものなので、約2時間で切り上げて17時50分ごろに再び「おおぞら」の人となって帯広を離れ、西へ西へと向かいました。
スポンサーサイト
  1. 2015/07/24(金) 12:47:22|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<番外編 38年振りの釧路⑥ | ホーム | 番外編 38年振りの釧路④>>

コメント

自身も

 リオ様、自身にとっても帯広は釧路からも近く、お馴染みの街です。
今では駅舎も高架化され、当時の面影もなく、商業の中心も北口から
南口に移りつつあり、長崎屋も、イトーヨーカ堂もかつては藤丸デパート近くに
ありました。釧路駅も高架化の計画があったのですが、丁度公共工事が悪者扱いされた
時代とぶつかり、計画は泡と消えましたが、それゆえに、現在の形を維持できているともいえますね。帯広動物園も釧路時代と、札幌時代の二度行きましたが、北海道では珍しいドクターペッパーが売っていたのが記憶にあります。
  1. 2015/07/27(月) 21:00:18 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: 自身も

hagejs様、帯広は石勝線開業と「おおぞら」の増発、「とかち」の登場で釧路からも札幌からも近くなりましたね。
長崎屋もヨーカドーも以前は藤丸デパート近くにあったんですか。北口は今は見た限り首都圏資本の居酒屋さんが多かった。
おびひろ動物園で売っていた北海道では珍しいドクターペッパー、差し詰め北海道名物の「ガラナ」に相当しますね。
釧路駅はなまじ高架にするより今のままでいいと思います。それより駅前商業機能の復権を!
  1. 2015/07/27(月) 22:01:09 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/30-530c1a8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)