trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

初めての洋画

北見から帰り、小学校2年の冬休みも最終日の1月19日、前年暮れから盛んにテレビで宣伝していてしきりに見たいと思っていた洋画がありまして、母に釧路駅前の映画館「ピカデリー」に見に連れて行ってもらいました。
タイトルは「カサンドラ・クロス」。
宣伝では列車が差し掛かった鉄橋が崩れて列車が落下するシーンが放映されていて、アニメでない実際の列車が出てくるので見たい見たいと催促し、冬休み最終日に見せてもらえる運びとなりました。
当時は列車の走行シーンに気を取られてストーリーなどわかりませんでしたが、後年テレビや古本屋で買ったパンフレットでようやくストーリーを知ることになりました。
後にシルベスター・スタローン主演の「ランボー」シリーズの監督を務めたジョージ・パン・コスマトスが監督と脚本を務めたこの映画は、バート・ランカスター演じるアメリカ陸軍大佐がスイスのジュネーブの国際保健機構(「世界保健機構」のもじり)病院で極秘に研究していた細菌兵器用の伝染病菌をテロリストに破壊され、その病原菌を浴びたテロリストがヨーロッパ横断特急に乗り込み、乗客の大半が感染して大パニックになり、陸軍大佐が兵器研究を隠蔽するために列車を30年近くも使われていない「カサンドラ・クロス」という大鉄橋に送り込み、鉄橋もろとも列車が落下・炎上するものでしたが、後に「ハリーポッター」シリーズで初代の校長先生を演じたリチャード・ハリス演じる医者が列車に乗っていて、彼の指揮で感染者に治療を施し、列車の後部3両に乗客の大半を移動させてその3両を切り離し、前部の車両が橋を渡ろうとして落下、切り離された後部の車両はライオネル・スタンダー演じる車掌が手動ブレーキを回し橋の手前で止まり助かりました。
ストーリーがわからず列車の走行シーンばかりにくぎ付けになりましたが、それでもヘリコプターから吊ったカゴに走行中の列車の荷物車から感染した犬とテロリストを運び出し、犬を載せたところでトンネルに差し掛かりテロリストを運べず犬だけをヘリコプターで運ぶハイライトシーンは、その後何度も思い出して自分が医者役のリチャード・ハリスになった気分を味わいました。
この映画は列車がパニック状態になりかつ落下、炎上するだけに、当時の映画評論では鉄道ファンには好まれないと言われたそうですが、僕はこの映画を見て寝台車に乗りたいという憧れが膨らみました。映画中の列車は日本でいうグリーン車・個室寝台車・食堂車を連結していて、日本とは違うヨーロッパの列車にこのときばかりは強く憧れました。

帰宅して、翌日の始業式を前に、作文にこの「カサンドラ・クロス」のことを書き、ドリルと合わせて冬休みの宿題を完全に済ませて、一安心しました。
スポンサーサイト
  1. 2015/08/26(水) 19:07:22|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<我ながらの力作 | ホーム | 特別感のあった新年>>

コメント

ピカデリー

 リオ様、ピカデリー、懐かしいですね。自身は一度も入った事がないのですが、ピカデリーといえば、映画ETでした。みんな、こちらに足を運んで、夢中になったものです。ピカデリーのチラシ、新聞広告が連日、載っておりました。

 昭和50年代の日本人にとって、ヨーロッパの長距離列車の豪華さは憧れでしたね。今は、北斗星、夢区間、トワイライト、カシオペアときて、7つ星と、もう、海外の列車の性能と豪華さを追い越したように思います。
  1. 2015/08/26(水) 21:37:39 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: ピカデリー

hagejs様、早々とコメントありがとうございます。
ピカデリーは和商市場に向かう方にありましたが、市内の他の映画館に比べ洋画に強かったようですね。あのETも釧路ではピカデリーで上映されたんですか。そう、釧路でも札幌でも連日映画館の広告が新聞に載っていました。

昭和50年代の日本人のヨーロッパの長距離列車の豪華さへの憧れ、今では北斗星、夢空間、トワイライト、カシオペアそしてななつ星と、バブルや高級志向もあって見事に実現されましたね。
「カサンドラ・クロス」で膨らんだ寝台車への憧れ、この後思ってもいないことになります。
  1. 2015/08/26(水) 21:50:15 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

追伸

hagejs様、釧路のブログ、正真正銘の最終回、読ませていただきました。
今度は荒らし対策でコメント欄なしのご予定ですが、楽しみにしております。
  1. 2015/08/26(水) 23:39:45 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます。

 リオ様、お陰様でリオ様をはじめ、多くの方からねぎらいの言葉と、次回作の期待をお寄せ頂いております。
準備の方、着々と進行中です。
  1. 2015/08/28(金) 21:37:35 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/36-152a56ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)