trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

ワクワクした3年生のスタート①

これまでに書き逃したことがまだまだあって落ち穂拾いを続けたいところですが、キリがないので本題に。

始業式にクラス替えをして3年4組になり、新しい教室に入ってその面々を見ると、1・2年で一緒だった人、前は他のクラスでもかねがね顔を見ていた人、そして全く面識がなく初めて顔を合わせる人と様々で、何があるかますます楽しみになってきました。
教科書と学校通信、学年通信そして学級通信を受け取り、学級通信に数日後に皆で自己紹介をする旨が書かれていました。学年通信のタイトルが「和」となっていましたが、ただ「和」の字が書かれているのでなく、「和」の字を図案化して円形にして、黒い線に白抜きで書かれていたのに度肝を抜きました。
教科書をパラパラめくって内容を確かめたところ、国語の教科書に興味深い物語があって、山中の小さな駅での駅員数名のやり取りだったので、いつこの章をやるのか待ち遠しくなりました。社会の教科書は鎌倉駅と駅前に止まっているバスの写真が表紙でしたが、後年その鎌倉に思わぬご縁があることなど知る由ありませんでした。
帰宅して母に国語の教科書に山中の駅の駅員の物語が載っていたのを話すと
「兄ちゃん汽車好きだから楽しみじゃない」
と言われ、ますますその物語をいつ授業でやるのか待ち遠しくなりました。

更に、社会では本来の教科書に加えて、副教材として釧路市内や釧路管内の歴史と地理、産業のことを書いた「くしろ」という教科書を使うことになりました。市内の小学校で3年から使っていて、表紙が青地に「くしろ」の黒文字と釧路の酪農や漁港や工場の絵が描かれたその本に、鉄道好きから始まった僕の好奇心がどれだけ刺激されることか、全く知る由もありませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2015/10/17(土) 12:42:16|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ワクワクした3年生のスタート② | ホーム | 3年の生活の前に…>>

コメント

くしろ、ありましたね。

 リオ様、3年生になって、初めて2階の校舎からの授業となり、早く5年生になって、3階の教室に行きたかった思い出があります。「くしろ」という、教科書、懐かしいですね。本の半分が4年生用で、二年間使いました。僕の翌年の学年からカラーのページが増え、羨ましくなったものです。平成になって、自身の甥っ子も使いましたが、写真、内容は時代に合わせたものですが、基本の造りは一緒でした。
  1. 2015/10/19(月) 11:00:30 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: くしろ、ありましたね。

hagejs様、僕も3年生になって、初めて2階の校舎からの授業は、高いところから校庭を見下ろせてワクワクしました。5年生以上の3階は、避難訓練か校内見学か何かで廊下に上ったきりでしたが、西側突き当たりの窓から当時の産業道路沿いの送電線と鉄塔が見えました。
「くしろ」は3・4年で使ったんですね。僕の時代も中身は白黒でしたが、4年後輩の代からカラーになったなんて、いいないいな!
平成になって甥子さんも使われていたけど基本の構成が僕たちの時代とほぼ同じとは、真に釧路と共に歩み編集されてきた貴重な教科書ですね。他の自治体にもそういう教科書があれば見たいものです。
  1. 2015/10/19(月) 14:35:36 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/41-a8aefb9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)