trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

妹たちの入学と小学校3度目の運動会

初めに、僕が3年になったと同時に幼稚園を卒園した妹が入学し、僕の代で4組の担任だった女の先生が妹のクラス4組の担任になり、妹つながりで僕は1・2年のとき以上にその女の先生と話すようになりました。
最初に住んでいたマンションの近所の女の子も2人が妹と同時に入学、また引っ越し先のマンションのご近所さんでも2人が妹と同期、更には父の会社の同僚の男の子も入学しました。5月の晴れた日の朝、その入学した父の同僚の男の子と登校途中で初めて顔を合わせ、男の子の方から
「あ、O(僕のイニシャル)さんのお兄ちゃんだ」
と言われてこちらもあいさつしましたが、前年まで父の会社のリクリエーションや父と一緒に同僚の家に遊びに行ったりして顔を合わせていた子までが入学して、僕も先輩として緊張感がわいてきました。

自分でも新しいクラスや教材でワクワクし、妹始めご近所さんたちが大勢入学して学校生活が一層にぎやかになった77年度か始まって2ヶ月がたった6月5日の日曜日、僕の小学校生活3度目の運動会がありました。
運動オンチの僕にとって小学校の運動会は、これまで走るのが遅かったり段取りがうまくいかない等で先生から目を付けられたり、家では前年にプログラムの流れがわからないことで父に責められ半べそをかいたりと、いい思い出がありませんでしたが、この年はただでさえワクワクした3年生だけに、走るのが遅いとかどうこう抜きで楽しめました。
いつもなら1年生だけだった「玉入れ」が、妹たち1年生から僕たち3年生まで対象になり、玉が足りないので1年から3年の児童全員に作って持って来るように通達があったので、帰宅して母と一緒に自転車で最寄の製材所に行き、詰め物にするおがくずを玉3個分くらいいただいてきました。僕たちも助かったけど、製材所の人もいつもなら捨ててしまうだけのおがくずが有効に活用されてさぞうれしかったのではと思います。その年は僕は赤組で、母の手で赤い玉が3個できました。
学年では東欧風の曲に乗せた踊りと、うちわを持っての阿波踊りの2種類をすることになり、体育の時間での練習は盛り上がり楽しめました。

迎えた運動会当日、曇り空で肌寒い中、まず徒競走や綱引き等の定番の種目で幕が開きました。徒競走は僕は例によってビリでしたが、2年のときの学芸会の劇で劇伴を担当していた、その年5年生の担任の先生が審判をしていて、僕に当時の役名で
「カニどん!どうした、遅いじゃないか~」
と笑っていました。
それから、初めて3年生まで対象になった大人数での玉入れが行われ、赤白たくさんの玉が飛び交い、僕のいた赤組が勝ちました。
妹たちの学年の競技や踊りも見、うちらの東欧風の踊りを経て、いよいよ会場を沸かせる、うちらの阿波踊りとなりました。
当日に合わせて各自で思い思いの絵柄のうちわを作り、それを持って踊りました。授業での練習の成果が出ているのがありありと目に見え、阿波踊りの曲が終わり足をピタッと止めると、前年に僕が急きょ主役に抜擢された学芸会での劇「さるかに合戦」の午前と午後の公演を終えたときに似た、万感の思いが込み上げてきました。

「カニどん、どうした」と懐かしの先生に声をかけられた徒競走での最下位、おがくずをもらっての玉作りから準備に取り組んだ玉入れ、練習時から楽しめた阿波踊り、そして何より妹たちご近所さんたちも大勢入学して先輩としての心地よい緊張感が加わった運動会は、これまでの運動会のゆううつさがすっかり吹き飛ぶものでした。この運動会での楽しさも相まって、この後の楽しさが続きます。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/11(金) 14:25:32|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<半年振りの北見 | ホーム | 初めてのサイクリング>>

コメント

玉入れの玉

 リオ様、当時は本当に多くの子供達がおり、皆顔見知りでしたね。
地域の繋がりがしっかりとありましたね。
玉入れの玉を各家庭で作ってくるように言われたことを自身もしっかりと覚えております。
自身の親父が大工のため、オガクズが豊富でしたが、家庭によっては
豆を入れてくる家庭もありました。
  1. 2015/12/11(金) 20:50:04 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: 玉入れの玉

hagejs様の周辺も当時は子供達が多くて地域の繋がりがしっかりとあり、さぞにぎやかだったことでしょう。
hagejsさんが運動会のときも玉入れの玉を各家庭で作ってくるように言われたということは、このブログの翌年以降も玉入れが1年から3年が対象だったのですね。
お父さまが大工さんならオガクズには困らなかったでしょう。玉入れの玉を指先でつまむと豆が入っているのがありましたね。きっと大豆を煎ったのでしょう。節分の豆と同様の固さでしたし。
  1. 2015/12/11(金) 23:28:53 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/48-d9d228c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)