trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

77年の夏休みを控えて…

北見から帰宅した翌週の6月23日の木曜日、朝になって急に熱が出たので学校を休み、2階の部屋で一日中寝ていました。
当然外に出られず退屈だったので、横になったまま当時購読していた学研の「3年の学習」の付録だった、学習ゲームで遊びました。
赤いロボットの顔をした角型のカバーに、国語・算数・理科・社会の科目別の縦型の問題の書いてあったカードを下から差し込み、答えのボタンを押して正解ならカードが一段ずつ上がり、不正解だとカードが下がってカバーから外れて初めからやり直しで下から差し込むというもので、余りにも楽しくてハマり、様子を見に上がってきた母に笑いながら
「こらっ」
と言われました。母が下に下りると、再びそのゲームをしながら、当時月曜夜8時から放送されていたお笑い番組「みごろ!たべごろ!笑いごろ!」で流れて全国的に大流行していた「電線音頭」を小声で口ずさみました。
ちょうど木曜で柔道も休めて、解放感に浸れた欠席でした。

明けて7月になり、夏休みも近付き、昨年連れて行ってもらえなかった札幌に連れて行ってと母にクドクドと催促し、
「うるさい!」
と言われながらも引き下がらず、ようやく連れて行ってもらえる運びになりました。
学研の付録も夏らしいものが付き、特に科学の方には、電池で風車を回して動く車が付き、僕はその車輪を外して扇風機代わりにし、母も
「涼しい」
と喜んでいました。
終業式の一週間か数日くらい前に、開校して初めてだったと思いますが全校で相撲大会があり、以前からあった相撲クラブの児童が裸で回しを締めていたほか、一般の児童の参加者も短パンの上に柔道の帯を締めて土俵上で取り組みに臨みました。1・2年のときの担任の先生が相撲クラブの顧問をしていたようで壇上で説明の後審判も務めていました。
参加者たちの取り組みを見ながら部外者の僕はグランド内を遊びまわりましたが、熱いさなかでしきりにハンカチを出して汗をふきまくり、それを見ていた同級生が笑いながら
「また汗ふいてる」
と言って僕を追い回してハンカチを引っ込めさせようとしたので、こちらも笑いながら逃げ回りました。
それを見て審判だったかつての担任が、当時肥満児の僕に
「お前相撲やらんのか?」
と、こちらも笑いながら言いました。

前年まで夏休み前はどうもそれほどワクワクしなかったのがこの年はワクワクしましたが、このワクワクの答えは夏休みに入り証明されることになります。
スポンサーサイト
  1. 2015/12/27(日) 22:06:26|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<明けましておめでとうございます | ホーム | 半年振りの北見>>

コメント

相撲大会、懐かしい

リオ様、小学校での相撲大会、大変懐かしいです。10周年記念誌の表紙にも、写真が載っております。普段大人しい女子が豹変したように、相手を投げ飛ばして、驚いたものでした。グランドの硬い土の上での大会でしたが、不思議と怪我人は出ませんでしたね。
  1. 2015/12/29(火) 15:39:48 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: 相撲大会、懐かしい

hagejs様も小学校での相撲大会はさぞ懐かしいでしょうね。大人しそうな女子が相手を投げ飛ばすなんて、僕の時はあったかどうか。グランドの硬い土の上でも怪我人が出なかったというのは、それだけ身体面はもとより栄養面も充実していたということでしょう。僕みたいな食べ物の好き嫌いの激しかった運動オンチでさえも。
相撲の写真は開校10周年の記念誌もそうでしょうが、僕は高学年用玄関ロビーのガラスケースに以前から飾られていた相撲クラブの児童たちの写真と当時の地区大会か何かの賞状とトロフィーが印象的でした。写真前列左に僕の1・2年の担任が写っていました。当時から顧問だったのでしょう。
  1. 2015/12/29(火) 20:40:34 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/50-1bc0c275
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)