trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

3年振り3度目の札幌①

終業式直後のサイクリング、ご近所さんたちとのプール、バスでの釧路市内見学と楽しいイントロが続いたところで、月が変わって8月、それも3日の水曜日、前年に連れて行ってもらえず1学期中に散々母に連れて行ってくれと催促した札幌に、母と妹と一緒に行く運びとなりました。僕には実に北見時代以来3年振りでしたが、気分としてはその3年前2度目のよりも、初めて行った4年前と似たような気分でした。
ちょうど父の会社の直属の上司の妻子3人も同日に札幌に行くことになり、小学1年の夏休みに帯広に行くときに乗った、釧路発9時20発の函館行き特急「おおぞら2号」で向かいました。
サイクリングで行った西港公園を控える新富士駅、阿寒や北見に行くときに通る国道240号線が分かれる大楽毛駅を過ぎると、車窓には目もくれず母や妹そして父の上司の妻子3人とおしゃべりに明け暮れました。
廃止された旧国鉄白糠線が分かれていた白糠駅、今は釧路市に合併された当時の音別町の音別駅そして釧路管内を出て十勝管内に入り、池田の一駅前の十弗(とおふつ)駅に差し掛かりました。初めて目にする駅で読みにくいと思いましたが、後年「十弗」がその文字から「10ドル」と読んで縁起担ぎで入場券がよく売れていたことを知りました。そして次の池田駅に着き、駅裏手の十勝ワイン醸造所の「ワイン城」と、駅から枝分かれして故郷北見に向かっていた当時の国鉄池北線に思いを巡らせ、池田を出てその次の利別駅を通過すると、向かいのホームに滝川発釧路行きの、ディーゼル機関車の引く客車の普通列車の姿が見えました。夏の期間中だけあって列車には学生かだれかの若者で一杯だった上、編成の後ろには荷物や郵便を積んだ車両が3両連なっていました。
2年前に下車した帯広に止まると、そこに住む母方の親戚に思いを巡らせ、そこから西は初めて通る風景に、4年前に初めて北見から西の方に列車で向かったときと似たような感動と新鮮さを覚えました。そばと狩勝峠で有名で、釧路駅で見た普通列車の行き先表示版で度々目にしていた新得駅に止まり、そこを出て、ちょうど落合駅に向かう途中の、列車の行き違いのできる場所(信号場)に止まったところで昼時だったので、母と妹とで食堂車に行きました。初めて札幌に行った帰りの特急「おおとり」以来2度目の食堂車でしたが、今回は前回のリボンオレンジと言わず、少しマシにトーストを注文しました。
トーストがテーブルに届き、添え付けのバターを塗って焼き立ての香ばしさとバターの濃厚さが織り成す風味を楽しんでいると、向かいの線路を函館から釧路に向かう「おおそら1号」が通過していきました。そして自分たちの列車が発車し、食事を終えて席に戻ると今度は父の上司の妻子たちが食堂車に行き、聞いた話ではカレーを食べたそうです。
十勝管内を出て落合駅、高倉健主演の浅田次郎原作の映画「鉄道員(ぽっぽや)」のロケ地になるとは知る由もなかった幾寅駅を通過して、北海道の「へそ」で後に倉本聰原作のドラマ「北の国から」の舞台にもなった富良野に近付くと、車内では白衣を着た売り子の男性がカートを押しながら
「狩勝そばはいかがですか~いかがですか」
と、折詰の箱に入った新得そばを売っていました。信州そばに勝るとも劣らぬ根強い人気を誇る新得そばが特急列車の車内で売られていたのに驚きもし、喜びもしましたが、カートではそばのほかに食堂車で調理されたであろうカレーライスまで、こちらは発泡スチロールの箱に詰めて売られていて、食堂車で食べたトーストだけでは足りなかったのもあり、母にその箱詰めのカレーを買ってもらいました。蓋を開けると、街のレストランのカレーの香りが漂い、また平素は皿に盛るのが初めて箱に入ったカレーを食べるだけに、特別な感のカレーがこんなに気軽に食べられることに感動しました。富良野を過ぎると、芦別、赤平と通過しましたが、両駅は当時まだ炭鉱に専用線が通じていて、駅構内は石炭を積んだ貨車がひしめいていました。
車窓右手に旭川から来る函館本線の複線と架線が見え、釧路からひた走ってきた根室本線が終わると、松尾ジンギスカンで有名な滝川に着きました。構内で3年振りにパンタグラフの付いた電車と電気機関車の姿が見え、4年前に初めて電車と電機を見た感動がよみがえりました。滝川から先はこれも3年振りに複線と架線下を走りましたが、頻繁に電機の引く客車列車や貨物列車とすれ違いました。このとき、その電気機関車の車体に
「ED76」
とあったのを初めて認識し、北海道の電機がED76形という形式なのをはっきりと知りました。
久し振りに見た電機の引く客車や貨物列車を再び堪能しながら、15時15分、実に3年振りの札幌に着きました。
改札を出て父の上司の妻子たちと別れ、白石区に住む伯父が迎えに来ていて、雨の降る中車で伯父宅に向かいました。
僕は助手席に乗りましたが、ちょうど前にタバコを差し込む形のシガーライターがあって伯父がそこにタバコを差して点火し、取り出して吸いました。シガーライターというと、母方の伯父の車で見たような、差さっているプラグを押して電気でコイルを赤熱させて点火するのしか見たことなかっただけに、タバコを筒に差して点火する形式のは意外でした。
伯父宅に着き、3年振りに室内に漂う木と畳の香りを味わいながら、雨上がりを待ってテレビで当時再放送していた「ジャングル大帝」の、冨田勲さん作曲のあの荘厳なオープニングを見、本編そして弘田三枝子さんが歌うこれも荘厳なエンディングを見終わると雨が上がり、外に出て近くにある函館本線の線路沿いの橋まで行って、貨物ターミナルの貨車群と通過する列車を眺めました。
夕食時になったのか、中学3年になる上の従兄が自転車で迎えに来たので帰りましたが、帰宅すると今や従兄たちは当時流行のスーパーカーに夢中で鉄道など蚊帳の外と母に言われ、みんなで笑いながら、遊びから帰って来た小学4年の下の従兄も加わって、みんなで夕食そしてだんらんの一時を過ごしました。
スポンサーサイト
  1. 2016/01/27(水) 00:39:48|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3年振り3度目の札幌② | ホーム | ご近所さんたちとのプールと親子での市内見学>>

コメント

凄い詳細な記憶ですね。

 リオ様、あの時の光景が蘇ってくるような、詳細なご記憶、凄いです。
キハ82系のおおぞらは、幼少時におしゃぶりをくわえた自身が写っている写真が
あるので、確かに乗ったのでしょうが、キハ82系のおおぞらは、自身が鉄道に興味を
持った1983年には既に無く、石勝線経由しか記憶がありません。食堂車もご利用の記憶が
おありとは、羨ましい限りです。北斗星、トワイライトの豪華食堂車を利用した経験があっても、
やはり、オリジナルのキシ80系の食堂車に乗ってみたかったですね。
落合、幾寅方面の路線も廃止に危機になっているとは、時の流れを感じます。
  1. 2016/01/29(金) 14:27:34 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: 凄い詳細な記憶ですね。

hagejs様、この旅は北見時代そして人生初の札幌への旅と双璧を成すくらい、人生でものすごく印象に残り、自身の鉄道への興味を十二分に掻き立てました。
「おおぞら」は1983年には既にすべて82系から183系に置き換わりましたが、石勝線経由になってからは在道中はとうとう乗らず昨年初めて乗ることになりました。また183系も在道時代は乗らず首都圏に来て7年後に初めて乗りました。
食堂車はそもそもディーゼルカーのキシ80が最初で在道時代に利用したのもすべてそれでしたが、首都圏に来てからは追々書きますが東海道・山陽新幹線と「北斗星」の各1回ずつに上越新幹線のビュッフェの1回のみでした。在来線の電車特急の食堂車はついに利用しませんでしたが、「北斗星」で客車の食堂車を体験できたのは貴重でした。
落合、幾寅方面の路線も増毛方面や夕張方面と共に廃止の危機にさらされていますが、乗客が少ない分車両のスペースを利用して、某経済紙の記事にもあったように運送業者からの委託による少量の一般貨物輸送を推進してもらいたいですね。
  1. 2016/01/29(金) 21:20:15 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/55-80b8bdb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)