trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

3年振り3度目の札幌③

翌8月5日、今度は伯父の運転する車で、かねてから僕がリクエストしていた小樽に、伯母と上の従兄を除く5人で行きました。初めて行く小樽だけにどんなところだろうとワクワクし、朝8時くらいに家を出ました。
札幌から小樽に向かうとき、国鉄函館本線に沿っていくものと思いましたが、行けども行けども車窓から線路が見えないのでどうしたことかと思いきや、ようやく道路から下の方に線路と海が見えました。国道5号線よりも高いところを通る札樽バイパスを通りましたが、5号線もバイパスも線路よりも離れて高いところを通るので、線路が見えないのも道理でした。
ようやく小樽の中心部に入り、初めにおたる水族館に入りました。網走のオホーツク水族館に次いで2度目の水族館でしたが、オホーツク水族館よりも広くて規模が大きく、円柱状の建物の壁に水槽がはめ込まれて、らせん状の緩いスロープを歩いて水槽の魚を見るのは、オホーツクの通常の角形水槽を平面の通路を歩いて見るのとはまた違った新鮮さがありました。外に出るとトドやペンギン等の大型海洋動物がいる水槽があり、トドに向かって割り箸でエサの魚をつまんで投げると、キャッチして食べてくれました。
売店で観光客用のお土産の5色のペンが連なったのを欲しかったけど買ってもらえなくて少々不満でしたが、気を取り直して、次に僕のお目当ての、北海道鉄道記念館に向かいました。
当記念館は、前年に父が札幌出張時に買ってくれた鉄道の図鑑で紹介されていて、小樽市の手宮という場所にありました。館内には開業当時の木造の扇形車庫と、その中に「しづか号」「大勝号」という当時の蒸気機関車と客車、羽を回転させて雪を遠くに飛ばす方式のロータリー除雪車、また庫外には羽を開いてかき集める方式のマックレー式除雪車やかつて小樽~長万部間で客車急行「ニセコ」を引いていたC62形蒸気機関車等が展示されていました。また併設の資料館には北海道の鉄道の歴史の年表や写真が展示されていて、鉄道好きの僕にはうってつけでした。
北海道の鉄道は、北海道開拓のためにアメリカ人の手によって1880(明治13)年にまず小樽の手宮と札幌の間に開業しました。手宮の港から開拓のための資材と人を札幌まで運びましたが、そのとき活躍した蒸気機関車は、先の「しづか」「大勝」ほか「弁慶」「義経」といった名前のが走り、アメリカ製らしく前方下にはよく西部劇に出てくる機関車のように、カウキャッチャーという、三角形に組まれた牛よけ用の桟木が付いていました。鉄道はその後北に向かって延び、2年後の1882(明治15)年、幌内まで開業してそこの石炭が手宮まで積み出されました。当時の幌内の石炭は質が良く、手宮から本州のほか中国へも輸出されたそうです。
記念館はその北海道の鉄道発祥の手宮駅構内にあり、手宮駅自体も貨物駅として機能していて、当時は駅横の製粉工場に小麦を運ぶ専用の白色の貨車やその他いろんな貨車が出入りして停車していました。
まだまだ記念館を見ていたいのをこらえて、夕方4時近くなったので札幌に帰りました。小樽の中心部を抜けると車窓左手に小樽築港駅が見えました。当時の小樽築港駅は機関区や貨物の操車場、石炭の降ろし場があって多くの機関車や貨車がひしめいていてにぎやかでした。機関区はこのころは既にディーゼル機関車と電気機関車の基地と化していましたが、かつては先の鉄道記念館のC62やD51、9600といった蒸気機関車の牙城で、特にC62は小樽~長万部間を客車急行「ニセコ」を引いて峠越えをしていたことを後に知りました。また、石炭の降ろし場は北海道最初の鉄道開業時からの伝統で、幌内や砂川、歌志内、そして夕張からの石炭が降ろされていました。更に操車場は先の手宮駅ほか小樽港の埠頭に通じていた専用線の貨物の集散場でした。
車で帰る途上だったのであっという間に駅横を通過しましたが、止めてもらって駅構内をじっくりと眺めたいほどでした。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/23(火) 22:23:16|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3年振り3度目の札幌④ | ホーム | 3年振り3度目の札幌②>>

コメント

新しくなる前の

 リオ様、今の小樽の鉄道博物館は新しくなり、当時のものと異なるようですが、当時の機関車群も今は残っているのでしょうかね?  C62だけはここを出て、苗穂工場で保存されております。
711系電車やキハ183も保存されてほしいのですが、現在のJR北海道は問答無用で解体処理してしまいます。なんだか、もったいないですね。振り子気動車のキハ283系の試作車3両も解体処理されました。涙。
  1. 2016/02/27(土) 22:40:42 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: 新しくなる前の

hagejs様、小樽の鉄道記念館、国鉄→JR北海道の管轄から第三セクターの小樽交通記念館を経て今は小樽市博物館になりましたが、写真で見る限り、C62を除いて当時よりも車両が増えました。特にED76の展示はうれしい。今や小樽単独というより三笠と幌内のクロフォード公園とも相乗効果を成しているようですし。
しかし711系や183系、振り子車両が展示されないのはもったいないし残念ですね、JRや小樽市の財政上でしょうが。せめて我々の心に刻みましょう。
  1. 2016/02/27(土) 22:58:52 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/58-bb1df272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)