trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

3年振り3度目の札幌⑥

釧路で前に住んでいたマンションで一緒だったNさんの家をおいとまして、今度は同じ札幌の西区でも琴似駅に比較的近いところに移り住んだ、こちらも釧路の同じマンションで一緒だった、Yさんの家にお邪魔しました。
Yさんにも前のマンション時代にお世話になりましたが、YさんはNさんよりも一足早い前年の6月にご主人の転勤で札幌に移り、釧路市内のホテルでNさん達と一緒に中華料理を囲んで送別会をしました。
Yさんは幼稚園の娘さんとご主人の3人家族でした。お邪魔して釧路時代や先程までお邪魔したNさんの話で盛り上がり、ちょうど夕食の時間になったので、まず5人でテーブルを囲みました。夕食が済み、みんなしてテレビを見ていると、ご主人が帰ってきて、互いにあいさつをし、ご主人が夕食に入りました。
テレビの最中にお風呂に入りましたが、そのお風呂が自宅のよりもきれいに見えたので、何でできているのか聞くと、Yさんが
「これはポリよ」
と教えてくれて、僕は
「うちもポリがいいな」
と言い、母とYさんで笑いました。僕の自宅の浴室は前のマンションでは浴槽も床もポリでひび割れ等がなく清潔な感じでしたが、引っ越してからは浴槽はポリでも壁と床がタイルで所々ひび割れがあり、すき間からたまにわらじ虫が入ってきて気持ち悪く、前のマンションの浴室が良かったと思っていたほどでした。
お風呂から上がって再びテレビを見ていると、窓に雨粒と一緒に何か砂みたいのが打ち付けられたのが見えて、何事かと思いましたが、ご主人が
「ああ、火山灰だ」
と声を上げて、砂みたいなものの正体がわかり、更にテレビをNHKに変えると噴火の情報が伝えられていて、室蘭に近い、有珠山という火山が噴火してその火山灰が飛んできたことがわかりました。道内で火山が噴火したことだけでも自分には生まれて初めてでしたが、旅先ながら自分のいるところまで火山灰が飛んできたのは更に驚きました。有珠山の火山灰はこのとき、有珠山周辺の伊達市や室蘭のみならず、苫小牧更には札幌等、広範囲に飛んだそうです。

翌8月9日の朝起きて朝食をご馳走になり、ご主人が出勤して少ししてからYさんの付き添いで地下鉄東西線琴似駅まで歩いて向かうと、道の脇の排水溝に雨水と一緒に雪のようなものが積もっていて、目を凝らすと火山灰なのがわかりました。地下鉄に乗る前にダイエーや近くの店を歩き回り、たまたま文房具屋さんに入ると、磁石のセットが売られていて、セットには自分で磁石で砂場から集めた砂鉄をしまう白い細長いケースも入っていて、欲しいと思いましたが、それ程欲しかったわけでもないので言い出さず、代わりに長方形のポケットサイズで本格的なものほどには倍率が高くない顕微鏡を買ってもらいました。
琴似駅に着き、改札前でYさんに見送られて地下鉄に乗り、終点の白石でバスに乗り換え、伯父の家に戻りました。
スポンサーサイト
  1. 2016/03/20(日) 22:02:12|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3年振り3度目の札幌⑦ | ホーム | 3年振り3度目の札幌⑤>>

コメント

ご記憶が

 リオ様、1977年の有珠山の噴火、自身は釧路にいたこと、当時は6歳ということもあり、全く記憶にないのですが、
札幌出身の同僚も、石狩浜でキャンプをしていた時に火山灰が降ってきたと言っておりました。貴重な体験ですね。
それにしても、顕微鏡を買ってもらえるとは、凄いですね。
  1. 2016/03/22(火) 23:06:43 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: ご記憶が

hagejs様、有珠山の噴火は僕も釧路にいたままで札幌に行かなければ実感が湧きませんでした。
札幌の同僚が石狩浜でキャンプしていたときに火山灰が降ってきた話を聞けるのもそうそうないと思います。
顕微鏡は本格的なものはまだ買ってもらえず、角型の長方形のポケットサイズがせいぜいでしたが、倍率こそ低くても附属の小型のプレパラートが内部に収納でき、要は野外に持って行ってすぐに植物や昆虫、湖沼のプランクトンの類を観察するのに持って来いのものでした。
  1. 2016/03/23(水) 20:26:25 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/61-268fa9ee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)