trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

旅も大詰めへ

機関区内のお風呂に入り、機関士の叔父に車庫内とディーゼル機関車の運転台を見せてもらった翌13日の土曜日、朝起きて朝食を取り、暑い中父の実家周辺を歩きました。ご近所さんが移り住んでいたかつての生家、農業用水路沿いの公園、通っていた保育園、郵便局、銭湯その他懐かしの場所を歩き、帰宅すると、一番下の叔母のご主人が車で来ていて、従弟がその主人が僕に買ってくれた文庫本サイズの蒸気機関車の本を渡してきました。札幌で鉄道模型の本と蒸気機関車の本を母に買ってもらいましたが、一番下の叔父からも蒸気機関車の本を贈られて、今回の旅行も4年前に札幌に行ったとき以来の汽車づくめの旅行になりました。
日が暮れ、しかしまだ暗くならないころ、父がビールで酔っ払って寝ていた横で、僕たちは鉄板焼きを食べました。鉄板焼きのほかに焼き魚を祖母が焼いてくれましたが、野菜が当時嫌いだった僕は進んでピーマンに手を付けず、母にえらく叱られました。それでもピーマンを食べず母がますます怒り、僕は泣いてしまいました。寝ていた父が起きるとまずいので声を出さず早めに泣き止みましたが、祖母が
「ピーマン食べなくても魚食べてるんだからいい」
とかばってくれ、肉と魚とご飯を中心にたらふく食べました。
その後、かつてボウリング場だった場所が「みしま」というスーパーを中心にした「サンサンショッピングセンター」になっていて、そこで盆踊り大会があるというので、僕と妹と従弟と叔父で歩いて会場へ行き、踊りました。
北海道のお盆の風物詩と言えるおなじみの「子供盆おどりうた」に始まり、坂本九の「レッツ・キッス(ジェンカ)」等も流れて、旅の大詰めを、線香花火の炎が華やかに燃えた末に徐々に消えるかのように、楽しみました。「ジェンカ」は釧路の小学校の全校遊びや学級リクリエーションで流れていたのは、外国のミュージシャンが演奏していたジャズ調のインストでしたが、日本で坂本九さんが歌っていた歌詞付きのを聴いたのは初めてで、こちらの方が親しみが持てると思いました。後年その坂本さんバージョンを頻繁に聴くことになるのを知らず。

翌14日は日曜日で父の休みも最後だったようで、朝ごはんを食べて、まだお昼にならないうちに、祖父母と叔母と従弟に見送られて父の運転する会社のライトバンで、両親と妹して、阿寒湖経由で釧路に帰りました。内心北見から釧網線経由で汽車で帰りたいところでしたが、父が車で来たのと釧網線回りでは遠回りなので、車で帰ることになりました。

札幌で1週間、北見で5日間の計12日間という、生まれて初めての長旅でしたが、札幌が楽しいことづくめだっただけに、北見で母の実家が改装中で隣の大伯母宅に兄弟達の遺影がかかり気味が悪い中で寝泊まりした上に、プールで訳がわからず注意されて立たされるわ、鉄板焼きでピーマンを食べず母にきつく叱られて泣くわ、釧路から札幌と札幌から北見が大好きな鉄道だったのが釧路に戻るときは気乗りしない車と、まるで花道が続いた最後をつぶされたような、後味の悪い旅になり、前年夏に札幌に行くのを断念して北見に行ったことと相まって、故郷の北見に嫌気がさしてしまいました。引き換え、札幌に冬休みも行きたいと渇望しましたが、母と妹に
「ピーマンを食べなくて恥ずかしいから連れて行けない」
と嫌味を言われました。札幌への強い憧れと北見への激しい嫌悪感が内心で同居して何とも妙でした。

しかし、この後、意外な形で北見でのリベンジと札幌行きがかなうことなど、僕は予想だにしませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2016/04/21(木) 21:06:35|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<3年の夏休みも大詰めに | ホーム | 父の実家へ>>

コメント

確かに

 リオ様、確かに北見から釧路に行くには、阿寒湖経由の方が近く、早いかもしれませんね。急行しれとこに乗っても、マイカーに時間で負けるかもしれません。でも、汽車旅は時間を買うことだけではありませんね。それにしても、長い旅でしたね。そんな長い旅は経験がありません。親父が大工ということもありましたが。
  1. 2016/04/24(日) 14:28:45 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: 確かに

hagejs様、北見から釧路に行くには、間違いなく車で阿寒湖経由の方が近く早く、国鉄→JR釧網線は太刀打ちできません。それだけに釧網線はいかに観光客を取り込めるかに今後がかかっていますね。また平素の列車に貨物を載せる等、いかに収益確保を図れるか。
  1. 2016/04/24(日) 23:32:40 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/66-917c7487
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)