trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

その他もろもろ①

9月に入り班替えがあり、僕個人が母の北見の実家の改築祝いに行き、その後教育実習生がクラスに来て、給食や体育や習い事で嫌な事がある中でも、にぎやかさが出てきました。
9月の初めに一学期の終わりに続く年度で二度目のプール学習があり、貸し切りバスで十條製紙の工場裏手の鳥取神社隣のプールへ行きましたが、他の種目が不得手な中で僕は水潜りが得意で、普段僕に目を付けていた男子でさえもこのときは僕に遊び半分で負ぶさってきたりして、結構楽しめました。

9月の下旬、まだ暑いさなか、実習生も見守る中で、この時期恒例のマラソン大会があり、僕は毎年下位の成績でしたが、母が見に来ていて、1年生の妹も参加しただけに、いつもの大会とは何か一味違う、いい緊張感が伴った雰囲気でした。

10月1日の土曜日、雨が降る中午後3時に厚生年金体育館へ柔道に行き、身が入らず練習も大してしなくていつも落ちてばかりいたランクアップ試験でようやく合格して1ランクアップして、さすがの僕も気分が良く、5時に体育館を出ると、ちょうど父が会社のライトバンに乗ってそばを通って、止まってドアを開けたので助手席に乗りました。
しばらくして、体育館に程近い食品会社に止まり、父がその会社を訪れて話をしていたようで、その間僕は車内で待っていました。
ようやく父が話を終えて車に戻り、車を走らせて、前年暮れに会社の忘年会をやった、同級生のT君の喫茶店に入り、父はコーヒーを飲み、僕はアイスクリームを食べました。T君も店を手伝っていて
「おう、どうしたんだ?」
と声をかけてきました。
店内でテレビが流れていて、チャンネルがSTVになっていて、ちょうど夕方6時を回り「ムシムシ大行進」という虫の生態を映した5分間のミニ科学番組と「少年シンドバッド」という10分間の冒険アニメが再放送されていて、柔道でランクアップしてうれしいさなかに父がアイスクリームを食べさせてくれるわ、店のテレビで好きな番組が流れるわで、ゆううつ気味な二学期の中の、乾いた大地でようやく見付けたオアシスのようなひとときでした。
後日T君が
「また店に来たらアイスクリームを食べさせてやるから」
と言ってくれました。
このころ、土曜日の夕方といえば、5時台にHBCテレビでTBS系のお笑い番組「笑って笑って60分!」が小学校入学から放送されていて、1・2年のときは毎週見ていましたが、3年になりSTVで「快傑ズバット!」という、宮内洋さん主演の特撮ヒーロー番組が放送されてからは柔道が終わってすぐ帰宅して5時半の放送開始から見ていました。水木一郎さんの歌う琵琶の力強い音色がバックの主題歌が独特で、主人公がかつての同僚を殺した犯人を追ってギターを背負ってさすらいの旅をしながら、行く先々で悪党たちと戦い成敗する正義のヒーローものでした。他局の「ゴレンジャー」「仮面ライダー」と違いどことなく異色感が強く、それがまた一層僕を釘付けにしましたが、後年調べたら何と当時は北海道に正式なネット局が無かった東京12チャンネル(現テレビ東京)の制作で、道理でマイナー感が漂っていたと思いました。

その一方、改築祝いで北見に行く前の9月の前半だったと思いますが、僕のいた4組と1組の間でいがみ合いがありました。詳しい内容は知りませんでしたが、1組は内心ほのかに憧れていた女の子がいただけに一緒になれなかったわだかまりがあり、加えて元2年3組にいて僕のことをいじめていたTというヤツがいたので、僕は内心
「おう、1組なんてやっちまえ!」
と思っていました。僕をクラスで目の敵にしていた男子もこのときは僕の話を聞いて
「Tのことやっつけてやるから」
と言いました。
しかしある日、1組にいた僕の1・2年のときの同級生の女の子Aさんと同じ帰り道になり、同級生だったよしみで話す中で1組と4組のいがみ合いのことを聞いたところ、4組の側が先にちょっかいを出したのが原因と聞きました。
1組には僕の担任のS先生が1・2年のとき担任だった子が割と多かっただけに、S先生も胸中複雑だったろうと思いましたが、知らぬ間にいがみ合いも消え、平素に戻りました。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/26(日) 21:58:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<どうしても見たかった鉄道の本 | ホーム | 教育実習生が来る>>

コメント

何気ない日常が

 リオ様、何気ない日常の一コマ達ですが、もう何十年経ってもはっきりと鮮明に覚えておられますね。少年時代に過ごした釧路でのあの時間、お金で買えない何かがありましたね。クラスに一人くらいは居た、モテモテのアイドル的な女子、そんな少年時代が懐かしいですね
  1. 2016/06/29(水) 23:16:43 |
  2. URL |
  3. 釧路探訪記、管理人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 何気ない日常が

釧路探訪記、管理人様、北見時代には北見時代の、釧路時代には釧路時代の、それぞれの日常の思い出は、どんなに札束を積んでも買える代物ではありません。管理人さんの小学校時代は、クラスにマドンナ的な女子がいたのでしょうか。僕の釧路時代には同期の各クラスで「マドンナ」と言われていた女子はいませんでしたが、僕が勝手に憧れたりかわいいと思っていた女子は何人かいました。ただ「隣の芝生は青い」というように、自分のクラスよりも他のクラスの女子が何の気なしによく見えたことも度々でした。
  1. 2016/06/30(木) 07:19:49 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/73-de9cdc70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)