trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

どうしても見たかった鉄道の本

小学校3年になり、5月にそれまでのマンションから近くの別のマンションに引っ越してからのことですが、前のマンションの隣だった5組のH君の家に、鉄道の絵本がありました。
その本には、新幹線やブルートレイン、首都圏・関西圏の国電(当時)、駅や線路・信号の仕組みや職員の仕事その他もろもろが写真や絵で詳しく説明されていましたが、ページ中程に貨物列車が描かれていたものの、H君が小さいころにいたずらで破っていて、一番興味のある貨物列車だけに、見れなかったのがもどかしくて仕方がありませんでした。
それでも見開きで左端と右端、上端はかろうじて見れて、左端に当時国鉄最長の車体の貨物用電気機関車だったEH10形に続いてタンク車(石油や化学薬品)・有蓋車(一般の品物)・無蓋車(砂や砂利等)・冷蔵車(魚や肉)、右端に長物車(丸太や電柱等の長尺物)・車運車(乗用車)・車掌室付きのコンテナ車が描かれ、上端右側には「おおものしゃ」のキャプションが書かれていて、要は冷蔵車と長物車の間に大物車(変圧器等の重量物を運ぶ)とそれ以外の貨車があるはずでしたが、大物車以外に何が連結されているのか、そしてどういう順番で連結されているのかわからない状態でした。
ところが、そんなことを忘れたか忘れないかぐらいの9月、前年父の会社の忘年会をした飲食店の子の同級生T君とその友人だった1組のA君と話をしていて、何の気なしにその鉄道の本のことを持ち出したところ、ちょうどA君がその鉄道の本を含めた絵本のシリーズを全巻持っていて、T君もそのシリーズを全巻買うというので、届いたら見せてもらうことにしました。
そして届いてからT君の家に行き、新品で当然ながら破られもしていないその鉄道の本を見せてもらい、ページ中程を開くと、先の貨物列車の全景がしっかりと描かれていて目を見開きました。
先の冷蔵車の後には通風車(野菜・果物を運ぶ)・家畜車(牛・馬)・豚積車・大物車と続き、それから先の長物車以降最後尾のコンテナ車までと、H君宅の本で見るに見れなかった貨物列車の全容が見られて、もううれしくてうれしくて仕方がありませんでした。
早速新聞の折込チラシの裏の白い部分にその貨物列車を鉛筆で書き写し、自宅に持ち帰りました。
スポンサーサイト
  1. 2016/06/30(木) 23:18:16|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<話はさかのぼって… | ホーム | その他もろもろ①>>

コメント

多種多様な

 リオ様、1980年代前期まで、国鉄の貨物列車は多種多様で、家畜を運ぶ貨車や、冷蔵車、鮮魚を運ぶための水槽付き車まであったようですね。1960年代の子供図鑑に載っておりましたが、釧路ではそのような貨車は一度も見たことがありませんでした。当時、欲しかった古い絵本、図鑑もネットオークション等でも落札できる時代がきましたね。赤帽というと、今は軽トラの輸送会社ですが、昔は大きな駅に、、、、なんて、今の若い人達には分からないでしょうね。
  1. 2016/07/12(火) 00:01:13 |
  2. URL |
  3. 不名誉放浪記管理人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 多種多様な

不名誉放浪記管理人様、どうも初めまして。
釧路探訪記のブログ経由で貴ブログを拝させていただいたことは数回ありますが、当方がコメントもしていないのに弊ブログにコメントをいただくなんて、恐縮です。
こちらではtrainrioのペンネームで、当時の写真がなく心苦しい限りですが、文面で当時の時代背景等を想像していただければ幸いです。

おっしゃる通り、1980年代前期まで、国鉄の貨物列車は多種多様な貨車で構成されており、家畜車、冷蔵車や、鮮魚を運ぶ水槽付きの活魚車ほか、1950年代まではニワトリを生きたまま運ぶ家禽(かきん)車もありました。釧路では僕の在住時代に冷蔵車が見られました。変圧器等を運ぶ大物車は今も健在ですが、自身が北海道で見ることはないだろうと思いきや、標茶駅構内で積み荷のまま見られて驚きました。冷蔵車と活魚車はその後JRになってクールコンテナや活魚コンテナになりました。

今や昔欲しくても買えかった古い絵本、図鑑もネットオークション等で落札できる時代ですものね。
今は軽トラの輸送会社の赤帽も、名前の通り、元々は大きな駅で乗客の荷物を列車内に運ぶ赤い帽子の専門員が由来というのも、今の若い人たちどころか僕たちの代でさえもわからない人が多いと思います。
大きな駅での荷物運搬といえば、モーターカーで荷車を何両か連ねてホーム上で列車の荷物車へ荷物を運んでいたのも、宅配便のトラックが主流の今では想像も付きません。
  1. 2016/07/12(火) 06:31:24 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/74-cfa7e208
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)