trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

3度目のバス遠足

10月2日の日曜日の子供会での市内見学から5日後の7日の金曜日、毎年10月恒例と言っても過言ではないバス遠足がありました。1年時は市内見学、2年時は市内の桂恋海岸へ水遊びでしたが、3年の今回は1年時と同様、市内見学でした。
前日に学校から帰宅して柔道に行くまでの間に、自宅向かいのスーパー「タイスイ」へ、おやつを買いに行きました。案の定、おやつコーナーには同じ学年の人たちや1年後輩、妹たちと同じ学年の人たちが集まっていました。
おやつの人気の目玉は、当時発売されたばかりの明治「ポポロン」という、小さなシュー生地にチョコクリームが入ったお菓子と、それまで一枚売りだったのが二枚売りされるようになった森永「エンゼルパイ」、そしてグリコのいちご味の「カプリコ」の少し小さいようなのが二個入っていたロッテの「ピップコーン」でした。
テレビで盛んに宣伝されていたのもあって「ポポロン」を買おうと思いましたが、175円で少々高い気がしたので、100円の二枚入りの「エンゼルパイ」にし、その他サッポロポテトやら別のチョコレート菓子やら、規定の700円以内に収まるように買いました。

当日、学校の玄関前に学年別に集まり、それぞれのバスに乗って学校を出ました。妹たちはどこに行ったか覚えていませんが、マンションの隣の部屋に住んでいた4年生の女子のTさんたちは、白糠町の上茶路というところへ行きました。夏休みにNHKの朝の道内ローカル番組「北海道の窓」で、その上茶路の青少年旅行村が紹介されていて、僕も高学年になったらその旅行村でキャンプがしたいと憧れていたところでした。学研の「3年の学習」のページを切り取って折って綴じた、野外キャンプの手引きを生かしたくてなおさらでした。
1年のときもでしたが、今回も教育実習の先生が一緒で、しかも1組と僕の4組だったのでバス内は一層にぎやかでした。
バスガイドさんの「皆さんおはようございます」のあいさつで、一瞬車内に心地良い緊張感と同時に安心感が生まれ、これから始まるバス遠足がどんなものかワクワクしました。
初めに西の方へ行き、夏休みにサイクリングで行った西港臨海公園の南側を通ると、北側に隣接する国鉄新富士駅に、小樽から来た釧路行き夜行普通列車「からまつ」が止まっていました。そして西港のフェリーターミナルに着き、当時東京~釧路間を結んでいたフェリーが停泊していて、フェリーの乗組員の人の説明で、そのフェリーが東京~釧路間を33時間で結ぶことを知りました。
次に東に向かい、国鉄東釧路駅南側あった、雪印乳業釧路工場を見学しました。牛乳やアイスクリームを作っていて、工場長さんが原料から製品までの工程を大まかに説明してくれました。
父が雪印の、学校近くの営業所に勤めているのを知っていて、担任の先生がそのことを工場長さんに話すと、工場長さんが僕の名札を見て、父のことを思い出したようでした。僕もみんなから注目されたようで、うれしい気分でした。
工場から出ると、お土産にアイスクリームをいただき、みんなしてバス内で食べました。雪印のカップ入りのアイス、バニラの香りと乳脂肪が濃くて、とても他社のは手が出ないくらいでしたが、今ではアイスクリームから撤退して食べられなくなり、寂しくなりました。
雪印から臨港鉄道の線路に沿って春採、そして望洋の方に向かうと、南に太平洋、北に釧路市内を一望でき、特に市内は仏様の骨が納められていると言われる「仏舎利塔」が目立ちました。
望洋から太平洋スカイランドに向かうと、1年のときと同様、幅の狭い線路を陸橋でまたぎましたが、前回は全く列車が見られなかったのが、今回は石炭を積むトロッコ列車が通過し、最後尾が見えました。そしてスカイランドに着いて休憩のときに、初めてそこから遠方に凸型の電気機関車が石炭積みのトロッコを連ねている全貌が見渡せました。
休憩中、他のバスも大まかに見渡しましたが、バスガイドさんが3人して話をしていたのを見ると、そのうちの一人が、何と夏休みのバスでの市内見学のときのガイドさんでびっくりしました。
スカイランドを出ると、幣舞橋南方の米町公園に行き、先生の説明で、釧路市街の幣舞橋すぐ南のロータリーのことやくしろデパート等のデパートのことが出、そして米町公園から見下ろす釧路港南岸に延びる鉄道が何かと先生がみんなに聞くと、僕はすかさず
「臨港鉄道!」
と、得意の鉄道の知識を思い切り叫んだのでみんな笑いました。その後、担任の先生と実習の先生と一緒にクラスの全体写真を撮りました。
米町公園を出ると、1年のときと同様に、鶴ヶ岱公園に着き、当時と同様、ここで昼食を取りました。お弁当を見せ合ったり、おやつを交換して食べたり、鬼ごっこ等で遊びましたが、そんな中、公園内のテニスコートで若い人たちがテニスをしていて、僕の担任も飛び入りでラケットを握り、途切れることなくラリーが続いたことに僕もみんなもびっくりしました。
鶴ヶ岱公園を出ると、幣舞橋を渡って北大通りに出ましたが、作業員が4体の女性のブロンズ像の手入れをしていて像に目を凝らしていたのを見て、女子たちが
「いやらしい!」
と言っていたのには、内心笑ってしまいました。
北大通りから釧路駅前を経て西に曲がり、市民の台所の和商市場と長崎屋の前を通りました。1月に「カサンドラ・クロス」を見た映画館「ピカデリー」の前も通りましたが、上映期間をとうに過ぎていたはずの「カサンドラ・クロス」の看板が掛かっていて、また上映されているのかと驚きました。さすがに見に連れて行ってもらえませんでしたが、それから11年して、その再上映の意外な理由を知ることになります。
ようやく3時過ぎに学校に帰り、解散してそのまま帰宅しました。家に荷物を置き、すぐそばのタイスイに買い物に行き、再び帰宅して当時5時から再放送されていたアニメ「コンバトラーV」を見ると、遠足の楽しい光景が思い浮かぶと共に、祭りの後のむなしさみたいな気分が交錯しました。

それにしても、夏休み、子供会、そして今回のバス遠足と、この年は実に3回もバスで釧路市内を見学することになりました。社会の授業で使った副教材「くしろ」での知識やゴールデンウイークと夏休み前のサイクリング体験と相まって、釧路市内の光景が僕の脳裏で一層立体的になりました。
スポンサーサイト
  1. 2016/07/25(月) 23:09:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<父と車で市内を回る | ホーム | 子供会での市内見学>>

コメント

鮮明な記憶で

 リオ様、タイスイ、とても懐かしく、思い出の深い店です。ポポロン、懐かしいですねこのお菓子。値段までよく覚えておられますね、すごいです。バス遠足は必ずしも遠くに行かなければならないというものでもなく、釧路くらいの街なら市内を色々回っても十分に楽しめ、あっという間の時間となりますね。当時に立ち寄った建物、施設等は流石に40年近い歳月が思い出の過去帳に収められてしまい、もう二度と出会えないものばかりですね。今度、思い出を振り返り、更地、廃墟を巡るバス遠足でもしますか? 愛国小学校同窓会として。
  1. 2016/08/02(火) 22:58:03 |
  2. URL |
  3. 釧路探訪記管理人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 鮮明な記憶で

釧路探訪記管理人様にとっても、タイスイは懐かしいでしょうね。ポポロン、CMで盛んに宣伝されていて憧れたので、値段も一層印象に残りましたが、今はすっかり見なくなりました。代わって茨城県常総市(旧・石下町)の菓子メーカー・リスカが製造している元々駄菓子の「チョコシュー」がコンビニで売られていて「ポポロン」を凌ぐ勢いです。
バス遠足は何も遠くに行かなくても、釧路くらいの街なら市内を回っても一日では足りないですね。合併前の北見市内だとすぐ回れたので、北見の保育園時代の親子旅行は網走湖や屈斜路湖まで行きました。釧路市内の当時の建物は大方が消えてしまいましたね。ほんと一緒に釧路市内を当時の思い出をたどりに回りたいです。そのときは僕の名前をクリックしてメール送信できるようにしておきます。

前回のブログ「子供会での市内見学」で訂正と加筆がありましたので、こちらもご覧になると幸いです。
  1. 2016/08/03(水) 08:23:35 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/77-e2a9fab7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)