trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

2度目の列車での遠出①

初めての札幌から戻り、夏休みが明けて、再び保育園が始まり、クラスで札幌の思い出話をしたり、秋の運動会はそれほど楽しくなかった前年に比べ、級友に恵まれたのと父方母方両方の祖母と母方の下の従兄が見に来てくれたのもあって楽しめたりと、保育園の2年目は楽しいことづくめでした。

そんなこんなで翌年保育3年目を迎え、最終年度になり、前年度の楽しさが何故か薄れて代わりに妙に胸の締め付けられる寂しさを覚えました。
その年のGWだったでしょうか、今度は父と僕の二人だけで札幌の伯父のところへ行きました。
前年に行っただけに初めてのとき程のワクワク感はなかったものの、それでも遠くに列車で行けるのは楽しく、前年と同様北見発朝6時39分発の急行「大雪1号」に乗り、途中遠軽で進行方向が変わったのは2度目とはいえ刺激的でした。
旭川から電化区間に入ると、向かいの席の年配の男性が駅弁を食べていまして、焼き鮭を皮だけ残してきれいに食べていたのが印象的でした。僕も鮭が好きなだけに、余程印象に残ったのでしょう。
正午過ぎに2度目の札幌に着くと、伯父が車で迎えに来ていて、その車で伯父宅に向かいました。今はアンダーパスになったであろう当時の踏切で列車の通過を待ち、遮断機が上がり踏切を通ると、昨年見たのと同じ赤い電車が遠くに過ぎて小さくなっていました。
約1年振り2度目の伯父宅に着くと、ちょうどお昼だったので父が作ってくれた好物の玉子かけご飯を食べ、しばらくゆっくりしました。下の従兄がその年小学校に入ったので、食堂でテーブルそばの壁に「あいうえお表」が貼られ、「え」なら「えのぐ(絵の具)」等と、文字の横にその文字で始まる物の写真が載っていて頭文字が赤く○で囲ってありましたが、最後の「ん」の欄の物が何かと思ったら「ぱん(パン)」となっていて「ん」が○で囲ってあり、なるほどと思いました。
スポンサーサイト
  1. 2015/03/30(月) 22:12:57|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<2度目の列車での遠出② | ホーム | 列車での初遠出④>>

コメント

本家本物の急行車両 キハ56系で

リオ様、急行の車両は、キハ56系の大雪ですかね。
自身が急行列車として乗った正規のキハ56系は、急行宗谷の増結用
だけで、あとはみな普通列車としてですね。
ノスタルジーで直角シートで長い時間乗って、
お尻が痛くなる旅をしてみたいです。滝川〜釧路間の普通列車がいいですかね。
  1. 2015/04/03(金) 22:57:42 |
  2. URL |
  3. hagejs #-
  4. [ 編集 ]

Re: 本家本物の急行車両 キハ56系で

hagejs様、そうです、「大雪」はキハ56系でした。
このキハ56系こそが全国を席巻したキハ58系の本家本元なんですから驚きです。
hagejsさんが乗られたころは急行はキハ40系を改造したキハ400系に置き換わっていて56系は普通列車がメインになっていましたよね。
あの硬いボックスシート、ほんと旅した気分になります。
  1. 2015/04/03(金) 23:09:24 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/8-3a2d2272
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)