trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

習字の時間

既に学年半ばを回りましたが、3年になり、新たに習字の時間が始まりました。
本来なら国語の授業の一環ですが、毛筆と墨とすずりを使う特殊さから、通常の国語とは別に、週1時間の授業として始まりました。
そして何より意外だったのは、担任でなく、校長先生が授業を受け持っていたことです。校長先生といえば、これまで朝会や始終業式、運動会等の行事でのあいさつやお話以外は校長室にいるといった、「雲の上の人」というイメージでしたが、その校長先生が週1時間ながら僕たちに直々に授業をされるだけに、親近感が湧きました。
校長先生のKG先生は、前任のKT先生と入れ替わりで、市内最古の小学校の日進小学校から前年に赴任してきまして、KT先生がどことなく固い表情だったのに対して比較的柔和な表情で、かねてから親しみやすそうでしたが、授業で接してまさにその通りでした。
本来ならすずりに水を入れて墨を擦るところでしたが、最初から墨汁を使いました。校長先生の指導も
「ここに筆をおっつけて…」
等と、細かいところまで一つ一つ行き届いて、まさに先生自身が教えていただいたことを僕たちにそのまま伝授されていたかのようでした。
ただ、書の成果は、習字に通っているいないの差や元々上手というのが表れて、上手な人はオレンジの墨汁で
「天」
と書かれて教室に貼られましたが、僕を始め上手でない人は
「地」
と書かれて貼られず返却されたか、「天」の人とは別に貼られました。
自分はいつも「地」でいつか「天」にならないかと思いながら、家で全く練習しなかったので当然いつまでたっても「地」のままでしたが、何より同じ班の人と書き具合を見せ合ったり、校長先生と直接触れ合うのが楽しく、刺激的でした。
先生も習字の指導の合間に自身の人生経験を話され、その中で昔は体重が60kgだったのが今は42kgと痩せたと話し、クラスの中で今誰が体重があるかと聞くと、他の男子が私語っぽくさほど大きくない声で
「trainrioだ」
と笑い口調で言いました。
また、授業中肩が凝って右手で左肩をもんでいると、校長先生が
「肩が凝ったのか」
と肩をもんでくれたこともありました。帰宅してそのことを話すと、母に
「あらいやだ」
と笑われました。
スポンサーサイト
  1. 2016/09/21(水) 11:42:52|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<その他もろもろ③ | ホーム | 3度目の学芸会>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/09/28(水) 22:24:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

Re: 確かに習字の時間だけは、、、

釧路探訪記管理人様の時代の習字(そうです、毛筆のことです)の時間は、横澤という年配の先生だったのですか。校長先生でないということは、担任のクラスを持たないフリーのようですね。僕の釧路時代にはまだいませんでした。その横澤先生のランク付けは天と地のほかに「人」というのがあって、管理人さんはその「人」を一度だけいただいたのですね。僕も字はうまくなかったので、横澤先生に当たったら「人」をいただいたことでしょう。先輩方の代は知りませんが、僕のときの習字は、そう、甲賀校長先生でした。校長先生は専ら毛筆で、先生が出張等で不在のときは代わりに担任が来て鉛筆で書く硬筆でした。
  1. 2016/09/29(木) 08:15:09 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/81-e0f52da2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)