trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

その他もろもろ④

話は前月に戻って、10月9日だったと思いますが、日曜日の朝、北見の母方の伯母たち一家5人が車で遊びに来ました。8月の夏休みに僕たちが遊びに、9月の改築祝いに再び僕たちが北見に行きましたが、今度は伯母たちが釧路に来ました。
夏休みに北見に行ったときの話からまず盛り上がり、次いで上の従兄が、僕が札幌で買ってもらったポケットサイズの顕微鏡を見ましたが、たまたま暗かったか使い方を間違えて見えなかったのを
「何これ?見えないじゃない、壊れてる」
と言われて、実際は見えるだけに屈辱を感じました。
おしゃべりや家の近くで遊んだりした後、夕方前にテーブルの上にカセットコンロと鉄板を用意して、みんなして鉄板焼きを食べました。豚肉とピーマンやじゃがいも等の野菜をみんなでつつき合い、醤油ベースで油が入らずサラサラしたさっぱり味のタレで食べる鉄板焼きは、ジンギスカンと並んで北海道で野外やみんなして集まって食べる料理の定番でした。
食べ終わって夜7時くらいになり、伯母たちが車で帰って行ったときは、もう少しいてほしいと寂しくなりました。

伯母たち一家は、僕たちが新しいマンションに越した翌月の6月にも釧路に来まして、このときは一旦車で自宅に来て、みんなしてバスで釧路の街に繰り出し、当時にぎわっていた丸三鶴屋とくしろデパートで買い物をし、昼食を丸三鶴屋の食堂で楽しみました。いつもなら僕は普通のカレーライスかラーメンを注文するところを、このときはかねてからメニューで気になっていたカツカレーを初めて注文しました。
カツカレーが僕の前に出されて早速かぶりつきましたが、普通ならスプーンのところがカツを食べるのに都合がいいようにフォークで食べるようになっていた意外さと、カツからジュワッとにじみ出る脂のうま味とカレーのうま味が実によく合って、今まで食べてきたカレーがこのときばかりは物足りなく思えたくらいの至福の美味でした。まして家族だけでなく伯母たちも一緒のにぎやかな中でだっただけに、なおさら人生初のカツカレーの味が脳裏に焼き付きました。

再び10月で、後半の木曜日、柔道が終わって夜8時くらいに帰宅すると、父の職場の人たちが飲みに来ていて、テレビの前の居間は一杯になっていました。
とても僕と妹が座れる状態ではなく、妹は既に夕飯を終えて2階にいまして、柔道帰りでこれから夕飯の僕は、居間から2階に直結する階段の入口に座り、母から作りたてのたぬきうどんの丼を受け取って、ビールでにぎわう父たちをよそに、階段に引っ込むようにしてせかされる思いで食べました。それでも父たちのにぎやかな話し声が、うどんのおいしさを一層引き立てました。
スポンサーサイト
  1. 2016/11/30(水) 22:49:47|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<思いもよらず… | ホーム | 釧路での観劇③>>

コメント

カツカレー

 リオ様、少年時代のカツカレーのあの味、いまでも鮮明ですね。
車ではなく、皆で東邦交通でというところが、当時の釧路駅周辺の賑わいを
示していますね。今はお袋も免許を持ち、車で異動するようになり、駅前のバス乗り場の
衰退は、とても目を覆うばかりですね。
  1. 2016/12/06(火) 21:56:54 |
  2. URL |
  3. 釧路探訪記、管理人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: カツカレー

釧路探訪記管理人様、少年時代のデパートの食堂や大衆食堂の味は忘れられませんよね。
東邦交通のバスで街へ繰り出す光景、全住民皆免許の今ではいずこに。
  1. 2016/12/07(水) 00:23:33 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/87-5f83a541
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)