trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

その他もろもろ⑤

初めに、明けましておめでとうございます。
おかげさまをもちまして、このブログも開始から2年になりました。今後とも御指導ごべんたつの程、よろしくお願い申し上げます。

「その他もろもろ」も釧路時代最後になりました。
話はさかのぼって小学校1年の3学期の2月と思いますが、ある土曜日、午前中で学校が終わって帰宅し、午後3時くらいに、父と一緒に会社の人たちと釣りに行きました。
会社のHSさんとその上の息子さん、OTさんがHSさんの運転する車で迎えに来まして、合わせて5人で、釧路町の更に北に接する標茶町にある、今や釧路湿原国立公園と一体を成すかのような、塘路湖に行きました。
冬の厳寒だけに湖面は分厚く結氷していまして、車が氷上にそのまま乗り入れられました。
ドリルで釣り用の穴を開けて、エンジンをかけたままライトを付けて明かりにし、父たちが釣り糸を垂れました。僕はHSさんの息子さんと一緒に釣りの様子を見たり、父たちと交替で車内で暖を取ったりしました。
混雑を避けたのか釣果がいいのか、薄暗くなる4時から始めまして、それこそ暗い中での穴釣りでしたが、釣り客は僕たちだけで、他には若い男性がスケートをしていただけでした。
6時を回って帰宅することになり、トレイを見ると、細くて短い銀色の魚がたくさん釣れまして、父と3人で分けて持ち帰りました。

3年になって最初の始業式の日に、あいさつがてら担任の先生が、冬に氷の上で釣りをした話をしたので、それに乗っかり僕も先の塘路湖での釣りの話をしたところ、1・2年で1組だったKC君が
「その魚、ピカピカしていたろ」
と聞いてきたので、そうと答え、先生の話と相まって、その魚がワカサギと知りました。

再び3年の秋で、クラスで給食での偏食や運動オンチを責められて肩身の狭い思いをしていたころ、学校帰りに、1・2年で同じ5君だった、5組のTB君と一緒になりました。
肩身の狭い思いをしているのを知って、TB君が
「KC君やKK君、うちらと同じクラスだったKN君たちがいじめるから嫌だろう」
と、僕の身を案じてくれました。
TB君はお父さんが国鉄マンで、僕の鉄道好きをよく知っていて、かつ成績優秀スポーツ万能で、クラスでは常にリーダー的存在でした。時に僕の運動オンチ振りをバカにしたこともありましたが、それでも先の肩身の狭い状況を案じてくれて、心が軽くなりました。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/08(日) 17:28:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<釧路での住まい最後の日 | ホーム | 北見から祖母が来る>>

コメント

塘路湖にもワカサギが?

  リオ様、塘路湖は自身にも馴染みがあるのですが、魚釣りとなると、全くピントこず、何が釣れるのかな? と文書を読んでいくと、ワカサギでしたか。阿寒湖ではお馴染みですが、塘路湖にもいるんですね。ワカザギの天ぷら、大好きです。今も、氷上に車を載せられるだけのシバレ気温があるのでしょうかね?  昔に比べると氷点下20度を下回る事がなくなった、釧路です。
  1. 2017/01/09(月) 15:25:44 |
  2. URL |
  3. 釧路探訪記、管理人 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 塘路湖にもワカサギが?

釧路探訪記管理人様、塘路湖はご存知でもそこのワカサギはご存知ありませんでしたか。反対に僕は阿寒湖のワカザギはこのコメントで初めて知りました。ワカサギはやはり揚げて食べるのがおいしいですよね。釣り立てをウイスキーに浸して食べるのもありますし。しかし温暖化で釧路もかつてのように氷点下20℃を下ることがないのなら、塘路湖の分厚い結氷も氷上を車が走るのも、もう昔の話か。
  1. 2017/01/09(月) 17:46:36 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/93-a8a723aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)