trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

札幌への道中

列車自体は3度目でしたが、札幌に向かう際の乗車は夏休み以来約4ヶ月振り2度目の「おおぞら2号」での道中は、季節が秋だったこと以外は夏休みの札幌への旅とほとんど一緒でした。

釧路市内を出て白糠、音別を通過したころ、車内販売のカートが来て、当時テレビで宣伝されていたボトルの「カゴメミカンジュース」を買ってもらい、前の席の背もたれのテーブルを開いてボトルを置き、スクリューキャップを開けてストローを差し、足を組んで少し偉い人になった気分で飲みました。そうそう飲むことがない果汁100%の正真正銘の「ジュース」は、ミカンのおいしさがそっくりそのまま口に広がりました。
車内で家族と話しているうちに、釧路管内から十勝管内に入り、気が付くと、「10ドル」と読めて縁起が良く入場券が人気だった十弗(とおふつ)駅に差し掛かったので、次が池田駅と知っていて、車窓に目を凝らしました。
釧路での柔道で一緒だった他校の先輩に池田町に行った人がいて、駅前の噴水が夜になるとワイン色に変わると話していたのを思い出しました。駅舎に阻まれてその噴水は見えませんでしたが、駅裏のワイン城は何にも阻まれず堂々と見えました。
池田駅を出、故郷北見に通じていた今はなき池北線の線路が北に分かれるのを見届け、次に通過した利別駅は夏休み同様6両編成の滝川発釧路行き客車鈍行がこちらの列車の通過を待っていました。
帯広に着くと、釧路の小学校入学の前後に二度お邪魔した母方の親戚のOCさんに思いが巡りましたが、OCさんは僕たちよりも一足先の10月に札幌に転勤して、もう帯広には誰一人親戚も知人もいませんでした。ホームの向かいには、今はなき士幌線の2両編成のディーゼルカーが止まっていて、車体中央に掛かっていたサボ(サービスボード、行先表示板)には
「帯広ー十勝三股」
と書かれていて、あの十勝三股に行くのかと目を見張りました。
釧路で最後の半年住んでいたマンション時代にNHKの朝の道内のみのリポート番組「北海道の窓」で、士幌線の終点の十勝三股駅前に住む人たちのことが放送されていて、住民が士幌線に乗って帯広方面に行く以外は何を放送していたのかわかりませんでしたが、おそらく駅前の住民が少なくなって過疎化していたという内容だったと思います(事実、翌年それを受けて糠平~十勝三股間がバス代行になりました)。
もう二度と行くことはなかろう帯広を出ると、外は雪が降っていて、もう明日から12月で冬なんだなと実感しました。再び家族と話していると、新得駅に止まり、落合までの当時国鉄最長の駅間区間(28.1km)に入りました。
駅と駅との間がそれだけ長いながら駅が一つもなく、ひたすら無人同然の原野を走りますが、途中列車同士が行き違いをするエリア(信号場)が三ヵ所あり、ちょうど正午を過ぎたころ、そのうちの一ヵ所に止まりました。昼時だったので母と妹とで食堂車に行き、僕はトーストを注文しました。母と妹はサンドイッチだったと思いますが、トーストが来て、添え付けのバターを塗り、焼きたての香ばしさとバターの風味とのコラボレーションを堪能しました。向かいの線路を、函館から来た釧路行き「おおぞら1号」が通過して行きました。夏休みに同じ列車で同じ時間に対向列車の通過を待って食堂車でトーストを食べたことが蘇り、改めて冬も札幌に行くことが実現する喜びを感じました。
再び列車が動き、こちらも食事を終えて席に戻ると、十勝管内から上川管内に入り、落合、幾寅と、今廃止が取り沙汰されている駅を通過しました。幾寅駅はその独特の名前で夏休みに通過したときから印象に残っていましたが、後年映画のロケで有名になるとは…。
こちらも後年ドラマで有名になる富良野駅に止まり、上川管内から空知管内に入り、まだヤマの灯がともっていて駅構内に石炭を積んだ貨車がひしめいていた芦別と赤平を過ぎ、右から函館本線の複線と架線が合流して、滝川に着きました。向かいのホームに当時北海道唯一の電車特急だった札幌~旭川間運転の「いしかり」が止まっていて、目を見張りました。
「いしかり」の存在は、釧路の父の会社向かいの行きつけの寿司屋さんで見た「マガジン」の類の週刊マンガ誌に載っていた、全国の特急列車特集で初めて知りましたが、夏休みに札幌に行ったときは電気機関車にかまけて目が向かず、もう見ることないと思ったら、札幌転勤で見ることになるとは…。
以後は電化区間らしく電車や電気機関車と頻繁にすれ違い、岩見沢を出て操車場と電気機関車の車庫を望み、空知管内から札幌を擁する石狩管内に入り、江別市は野幌の北海道開拓百年記念塔を望み、踏切番が回転ハンドルでワイヤーを操作して遮断機を昇降させる踏切と「ハウスバーモントカレー」の広告看板が掛かる倉庫が見えて、15時15分、ようやく憧れの札幌に着きました。
改札を出て、父の会社の人が迎えに来ていて、車2台に分かれて乗り、父の会社の健保会館に入り、その日はそこで止宿することになりました。

しばらく部屋でくつろぎ、食堂で当時再放送中だった「ひみつのアッコちゃん」を見せてもらいながらみんなで夕食を取り、それから白石区は北郷の伯父宅にお邪魔しました。
釧路で買った「白い恋人」を渡し、テレビを見ながら夏休みにお邪魔したことや釧路でのことをみんなして話し、お茶やココアをごちそうになって健保会館に戻り、翌日に備えてぐっすり眠りました。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/17(火) 13:47:34|
  2. 鉄道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<札幌暮らしの始まり | ホーム | さよなら釧路>>

コメント

キハ82系

 リオ様、キハ82の普通車は非リクライニングシートでしたが、背面に小さなテーブルが付いていましたね。食堂車ですか。キシ80の食堂車、食べてみたかったですね。滝川〜釧路間の旧客普通列車は、10時間の長旅でしたが、通しで乗ってみたかったです。実は自身は富良野経由のおおぞらは記憶が無く、(幼少時は何度も乗ったそう)、1986年の景雲中学校の修学旅行で、キハ56,27の団体臨時列車で走った時も既に石勝線経由でした。老朽化のため北海道からキハ40系も少しずつ廃車が始まっております。ローカル線での旅もできなくなる時代が来るかもしれませんね。昭和の国鉄の列車旅は本当に楽しかった。
  1. 2017/01/18(水) 20:53:23 |
  2. URL |
  3. 函館不名誉市民 #-
  4. [ 編集 ]

Re: キハ82系

函館不名誉市民様、キハ82やキハ80の非リクライニングシート背面の小さなテーブルは、ちょっとした飲食に便利で有り難かったです。食堂車での食事はキシ80がほとんどでした。滝川〜釧路間の旧客普通列車は僕も通しで乗ってみたかったです。特に函館~釧路間のロングラン時代は。「おおぞら」が富良野経由から石勝線経由になったのは後にも書きますが81年10月のことで、以来市民様が中学の修学旅行で札幌に行かれたころまでには札幌~帯広以東間の列車はすべて石勝線経由になりました。キハ40始め国鉄時代のローカル車両の廃車が進んでいて、下手すると倶知安~小樽はディーゼルでもオールロングシートなんてことがありますが、新しいローカル車両でもボックスシートを設けて、国鉄時代のローカル車両の旅が少しでも味わえればと思います。
  1. 2017/01/18(水) 22:14:19 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/96-618d2aa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)