trainrioの世界

鉄道ファンの私、trainrioが、独自の鉄道趣味の世界を書いてゆきます。

札幌暮らしの始まり

父の会社の健保会館での一夜が明けてちょうど12月1日で冬に入り、朝食を済ませて朝9時くらいにチェックアウトして、迎えに来てくれた会社の車で、新居に向かいました。
どんなところかなと、車内でワクワクしましたが、着いたところは、北区の新琴似という場所で、二階建てマンションの一階で、マンションすぐ横の道路をまっすぐ5分くらい歩くと、国鉄札沼線の新琴似駅にぶつかる、鉄道好きの僕には実に好立地な住まいでした。
ちょうどトラックが着いて、作業員さんたちと一緒に荷物を部屋に運び、ある程度整理して、空いたスペースにみんなして輪になって座り、父たちはビールを、僕と妹はソフトドリンクでお菓子やおつまみを食べながら話しました。
父たちもビールが回ってにぎやかになったころ、前年に同じ「おおぞら2号」で札幌に転勤した、MKさんがあいさつに来ました。同じ北区に住んでいたので、父には一層心強かったと思います。
会社の人たちが帰って、再び荷物を整理し、5人なのでまだ明るいうちに片付いて、すぐ寝られる状態になったところで、僕は新琴似駅がどんなところか見たくて、家族に一声かけて駅まで行きました。
駅から近いところに住むのは、北見時代以来でしたが、新琴似駅は当時は木造モルタルの平屋で、駅舎は線路の向こうの麻生側にあり、踏切を渡って行かなくてはなりませんでした。今のように線路沿いに柵がなく、自宅側の島式ホームに外から入れて、周囲を見回しましたが、駅舎側のホームを歩いていた駅員にたしなめられたので、ホームを出て帰宅しました。
それから祖母に留守番を頼んで、線路を渡ってすぐのところにある、「ニトリ家具」という家具店に4人して行きました。
せっかく札幌に来て比較的広い部屋なので、ダイニングテーブルを買いたかったようで、木製の4人掛けのテーブルを買いました。帰宅して、トラックでテーブルが届き、椅子を置いて添付のネジでテーブルを組み立て、まさに心機一転のスタートになりました。

「ニトリ家具」、買いに行った店は麻生店で、当時の本社は中央区であり、札幌市内のみの展開でしたが、今や「ニトリ」として全道から日本全国そして海外にも展開し、その麻生店が今や本社になるなど当時は想像もしませんでした。
スポンサーサイト
  1. 2017/01/19(木) 13:32:09|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<札幌での初登校 | ホーム | 札幌への道中>>

コメント

新琴似

 リオ様、現在の新琴似駅は高架化で立派になりましたが、90年代の前期頃、昔付き合っていた彼女を送りに大麻から何度か旧駅舎時代にも来ました。当時は非電化で50系客車改造の、キハ140系やキハ40が混結されて走っていました。当時は札沼線から学園都市線という名に変わったばかりで、単線のため、行違いのために何度も長く停車していた、ローカル線でしたが、ニトリの全国展開といい、学園都市園の高架、電化といい、大きく変わりましたね。それだけお互いに時間を重ねて生きてきたということでしょうか? 当時引っ越されたマンションは今も健在でしょうか?
  1. 2017/01/24(火) 21:00:49 |
  2. URL |
  3. 函館不名誉市民 #-
  4. [ 編集 ]

Re: 新琴似

函館不名誉市民様、昔付き合っていた彼女を送りに大麻から何度か旧駅舎時代の新琴似駅に来たのですか。釧路時代と行動範囲が重なりますね。非電化時代の札沼線は当然気動車で、しかも単線で途中駅でのすれ違いで時間を要しましたが、今のように高架化と電化を想像だにしませんでした。札沼線は今も正式路線名は札沼線ですが、学園都市線の愛称は90年代になってからですね。沼田への線路が廃止された今では、愛称の学園都市線を正式路線名にしてはと思います。ニトリが全国展開して新琴似が本社になったのもそうですし、釧路のあの中園町の店が本社だった石黒ホーマーまで全国展開して今や「ホーマック」になったのも驚きです。当時住んでいたマンションは今も健在です。
  1. 2017/01/25(水) 06:20:16 |
  2. URL |
  3. trainrio #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://trainrio.blog.fc2.com/tb.php/97-2b0fe768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)